これから風俗の仕事をしてみたいと考えている未経験者が最初に考えるのが「どのタイプのお店を選べばいいの?」という点でしょう。業種ひとつを取り上げても「〇〇系」といったように、さらに種類があり、その種類に驚いた女の子も多いのではないでしょうか。
これだけいくつもの種類があると、どれが自分に合っているのかわからずに、悩んでしまう女の子もいるかもしれません。自分に合った風俗店を見つけるには、業種それぞれの仕事内容・給料などを事前にしっかりと理解することが大事なのです。

目次
  1. 1. 働く風俗店の選び方
  2. 2. 風俗の業種一覧
  3. 3. 風俗のジャンルについて
  4. 4. 出稼ぎのメリット

働く風俗店の選び方

働く風俗店の選び方
自分にぴったりの風俗店を選ぶためのポイントは「自分が風俗の仕事をするにあたってどのようなことを希望しているか」ということです。自分の目標や、お店に求めることなどをしっかりと考えれば、働きたいお店を見つけやすくなります。

お給料が高い


風俗店選びのポイントで最も多いのはお給料に関することです。風俗の仕事は、他の一般職に比べて高収入を稼ぐことができます。そのため、働くからには少しでも高い給料のお店を選ぶ女の子は少なくありません。
風俗嬢がお金を稼ぐ理由は、遊ぶお金が欲しい・マンションなど大きな買い物がしたい・借金返済など、さまざまです。自分の目標が何であるか、それに見合った給料のお店はどこかなどを考えると、お店が探しやすくなります。

安全面・安心感がある


未経験者にとって分からないこと、不安なことも多いでしょう。求人の時点からそれがクリアされていると安心感がありますよね。

・性病検査
やはり怖いのは、性病についてでしょう。ほとんどのお店は嬢に性病検査を行っていますが、料金が女の子の負担になるのか、頻度などはお店によって変わります。病気が気になる女の子は、ここをチェックしておきましょう。

・サポート、福利厚生
初めての女の子に対するサポート、指導をしてくれるお店はやはり安心感があります。講習があるお店なら、プレイについて学ぶことができます。
また、福利厚生としては、寮や託児所を用意しているお店もあります。シングルマザーや、出稼ぎ・上京したての女の子など、いろいろな事情がある女の子でも働けるでしょう。気になるものがあったら、詳しく確認しておくようにしましょう。

働きやすさ・スケジュール


風俗のお店は基本的にシフト制なので、自分のペースで働くことが可能です。しかし、お店によっては、営業時間が夜までのところもあれば深夜営業のところもあります。自分の生活スタイルに合わせて、お店を選ぶことが大事です。
また、自分の都合で急に出勤日変更や当欠をする場合もあります。シングルマザーの子どもの体調不良などでよくあるケースです。そのときに、融通が利くお店だと働きやすいといえます。

風俗の業種一覧

風俗の業種一覧
ここまでは、風俗店を選ぶときのポイントを紹介しました。ポイントを押さえた未経験者にとって次の課題は、風俗の業種をしっかりと把握することです。

どのような業種があり、どのような仕事内容なのかなど特徴をしっかりと理解することによって、自分にふさわしい風俗店が見えてくるでしょう。
 

ソープ


数多い風俗のなかで本番行為がOKで「風俗の王様」といわれているのが、ソープです。お店独特のプレイがありますので、テクニックやプレイ内容をきちんと覚えておく必要があります。
また、お店によってランクは別れていおり、特に高級店の場合、見た目やスタイルなどに高いレベルを求められます。ただし、それだけに、風俗のなかでは一番稼げます。

デリヘルホテヘル


派遣型・無店舗型の風俗店の代表がデリヘル・ホテヘルです。大きな違いはありませんが、ホテヘルは、ラブホテル・レンタルルームのみの派遣に対して、デリヘルは、ビジネスホテルやお客さんの自宅まで派遣されます。
本番行為はなく、フェラ・手コキ・素股によってお客さんに射精してもらいます。働きやすさ・お給料のバランスが良いため、初心者でも始めやすい業種といえます。
店舗の数は、デリヘルの方が多く、日本全国どこでも見つけることができるでしょう。

ファッションヘルス


ヘルスサービスで店舗型で働きたいというこだわりがある、というならファッションヘルス(箱ヘル)が良いでしょう。
店舗型のメリットとしては「スタッフが常駐しているので、トラブル対処が安心」「繁華街に集中しているので、アクセスが良い」といった点が挙げられます。OLさんが副業で働いていることも多いようです。

ピンサロオナクラ


ここまで紹介してきたお店よりもソフトなサービス内容で働きたいなら、ピンサロ・オナクラもおすすめです。
個室ではなく、ソファや仕切りで区切られたくらいのスペースでプレイをするので、ヘルスサービスよりも激しいことはありません。ピンサロならフェラ・手コキで射精させますが、オナクラの場合、男性がオナニーしているのを見ているだけです。

他の業種に比べて給料はちょっと抑えめになりますが、お客さんとの接触が少ないので性病のリスクは少ないです。プレイ時間が短く、回転率が良いので、短時間で働くこともでき、学生さんでもバイト感覚で働けます。

セクキャバ


セクキャバは、おっパブとも呼ばれ、お客さんの席について、お酒を飲みながらお話をしたり、その間におっぱいを触られたり、舐められたりといったイチャイチャプレイをします。下半身を触ることも触られることもないので、性的サービスのないソフトプレイなのが特徴です。
おしゃべりなどのコミュニケーションスキルも求められるので、働いている女の子の中には、キャバクラ経験がある子も多いです。

風俗のジャンルについて

風俗のジャンルについて
風俗の種類は業種だけではありません。業種によっては、さらにいくつかのジャンルで分けられていることもあります。「この業種は自分に向いている」と思っても、ジャンルが自分に合っていない場合、思ったよりも人気が出ないということもあります。
風俗でいうジャンルとは、多くの場合、見た目や属性によって分けられています。どのようなジャンルがあるのか知っておくことでよりピッタリなお店選びができるでしょう。
 

ギャル系


いわゆる若者っぽい、色の黒いギャル系の女の子が売りなお店です。在籍嬢は若い子が多いですが、見た目さえ若ければ問題ありません。また、女子高生の制服がコスチュームになっているコンセプトのお店も多いです。なので、おとなしい感じ、清楚系の女の子だと合わないかもしれません。

妹系


見た目はかわいらしく、アニメ声な「萌え系」の女の子を集めているお店は、妹系などと呼ばれます。年下が好きなお客さんが多く集まります。
ギャル系と逆に、清楚っぽい女の子は好かれやすいです。また、メイド系のコスプレが制服になっているお店も多いです。
 

人妻


お姉さん系、熟女の女性が集まるお店です。本当に人妻じゃなければいけない訳ではありません。年上のお姉さんと遊びたい若い男性や、自分と年齢の近い女の人とプレイがしたい男性が集まります。
年齢制限はお店によって違い、20代後半から働けるお店もあれば、50代以上が中心になっている所もあります。濃厚なプレイ内容が売りになっている傾向があるので、お店のホームページや評判をチェックしておきましょう。

巨乳系


おっぱいの大きさに自信がある女の子は、巨乳系の嬢が揃ったお店がおすすめです。お客さんもおっぱい好きな人ばかりですので、ニーズにマッチした男性が集まります。
ただし、周りの女の子もみんな巨乳になるので、もしかしたら個性が埋もれてしまう可能性もあります。普通のお店で巨乳を売りにして働く方が人気になるときもあるので注意です。

ぽっちゃり系


ぽっちゃり・普通体型・デブの具体的な線引きは、人によってあいまいですが、「私は他の女の子に比べて太ってる」と自分の体型にコンプレックスがある場合は、思いきってぽっちゃり専門の風俗店に在籍することも良いかもしれません。
ただし、自分がぽっちゃりと思っていてお店の面接を受けても「うちの基準ではぽっちゃりじゃない」という判断をされる場合もあります。在籍している女の子のプロフィールをチェックして比較してみましょう。

出稼ぎのメリット

出稼ぎのメリット
もし、今住んでいる地域に、自分が働きたいと思える風俗店がなかった場合、風俗店が多く営業している地域へ出稼ぎに行くという手段もあります。出稼ぎ嬢を受け入れてくれるお店は、ほとんどが寮を完備しています。
それでは、出稼ぎのメリットをご紹介します。

短期集中して稼げる


出稼ぎは、2週間や1ヶ月在籍して、その期間を週5・6日の集中出勤が基本です。そのため、普通に働くよりも短期間で集中的に稼ぐことが可能です。保証給も出るところも多いので、お給料について安心して働けるでしょう。
また、在籍している間は寮で生活するくらいですので、お金を使うこともほとんどありません。確実に貯金ができるということもメリットです。

身バレの可能性が低い


地元で働くと、家族や友人、本業の職場の知り合いにばったり会う確率も高くなります。風俗店は身バレ対策をしっかりしているところが多いです。だからといって、地元周辺で働いていたらバレる可能性はゼロではありません。
しかし、出稼ぎで遠方まで来れば知っている顔は誰もいないので、そのような心配は不要です。

旅行気分になれる


出稼ぎは、自分の生活拠点ががらりと変わるのが特徴です。それによって、新鮮な気持ちになれて、まるで旅行に行ったような気分になれます。
ちょっと行ってみたい土地があるのなら、そこに出稼ぎ店があるかどうかチェックしてみても良いかもしれません。

まとめ

お店の数だけ業種もジャンルがあることがよく分かったのではないでしょうか。逆に言うと自分にピッタリのお店はきっと見つけることができます。
まずは、風俗店にはどういったものがあるのかを知り、自分の希望やスタイルを考えてみて、候補を探してみてください。出稼ぎまで視野に入れれば場所も関係ありませんので、いろいろとチェックしてみてください。