セクキャバと聞いて、お仕事内容がはっきりと分かる女の子は多くないでしょう。キャバクラ?「セク」って性的サービスがあるの?とお悩みの方にセクキャバのお仕事内容をまとめてみました。

目次
  1. 1. そもそもセクキャバとは?
  2. 2. セクキャバの仕事内容
  3. 3. セクキャバの仕事でNG行為は?
  4. 4. セクキャバは稼げる?
  5. 5. セクキャバで働くメリット・デメリット

そもそもセクキャバとは?

そもそもセクキャバとは?
セクキャバとはセクシーキャバクラの略称です。キャバクラよりもセクシーな部分はどのような部分なのでしょうか。まずはセクキャバの概要から見ていきましょう。

おさわりOKなキャバクラ


一言でいうとこれに尽きます。キャバクラではタッチNGですが、セクキャバではおさわりがあります。しかし、ピンサロオナクラとは違って、性的サービス(ヌキ)はありません。あくまでもキャバクラの延長線上と考えてください。

性的サービスのないお店では高収入


夜のお仕事のなかでは、キャバクラ・ガールズバーなどと比較されることもありますが、その2つと比べても高収入な部類に入ります。性的サービスのある風俗店で働くのに抵抗があるけど、がっつりと稼ぎたい女の子におすすめです。

セクキャバの仕事内容

セクキャバの仕事内容
全く知らない方も、何となくだけしか分からないという方も、実際に働く際の流れを覚えておきましょう。特に難しいことはなく、「あ、これだけ?」と思うかもしれません。

お客様がついたら接客


〇基本的な流れ
お客さんのテーブルについたら最低限、以下の2つをすることになります。
・お客さんとお話をする
・お酒を作る
また、セクキャバはおさわりもOKですので、接客はおっぱいを触られたり、揉まれたりしながらになります。

〇お店によって違う部分
・キス
OKなお店が多いですが、ソフト系なお店だとキスもしません。
・トップレス
ハッスルタイム・ショータイムのみトップレスというお店もあるようです。
・下半身のおさわり
お店でNGにしているお店はあります。

〇何を話せばいいの?
他愛のない世間話をすれば大丈夫です。仕事の話・プライベートの過ごし方を聞くくらいで後はお客さんが話を振ってくれます。
また、ノリのよさも大事ですが、お客さんとの相性が一番大事です。恋人っぽいイチャイチャ接客が好きな人もいますし、キスを楽しみたいという人もいます。緊張せずに接することを心がければOKです。

ショータイム


ショータイムを楽しみにしているというお客さんもいるくらいに、セクキャバ名物のショータイム。一部ではショータイムやっていないお店もありますが、その方が少数でしょう。基本的な流れは以下の通りです。

・1セットに1回の頻度で開催
・時間になると照明やBGMが変わり、店員さんがマイクパフォーマンス
・お客さんの上にまたがる
※その間、お客さんはおっぱいを触ったり、舐めたりしてOK
・10秒程度で次のお客さんに交代
※女の子がお店のお客さんを入れ替わり回る

後は、お店特有の掛け声がある、上を脱ぐ必要がないといったお店ごとの違いが加わります。ただ、違いがあってもハードになるということもありませんので、あまり心配しなくても良いでしょう。

時間になったら交代


・1人のお客さんにつくのは10~15分ほど
・指名になったら交代がなくなる

一般的に1セット(30~40分)の間に2~3人の女の子がつきます。そのため、会話も長くする必要がなく、おしゃべりが苦手でも十分に接客できます。
また、お客さんがもうちょっと居たいと思ったら、指名をしてくれます。指名をすることで女の子の移動はなくなります。指名料は女の子にバックされるので、ついたお客さんとどれだけ一緒にいるかもお給料には大事になってきます。

セクキャバの仕事でNG行為は?

セクキャバの仕事でNG行為は?
セクキャバのお店のルールとして、NG行為が設けられています。お客さんにNG行為を理解して遊んでもらうためにも以下の点は覚えておいた方がいいでしょう。

・射精
性的サービスはありませんので、射精は絶対にありません。もし「ヌイてほしい」と言われても冗談として扱って問題ありません。

・男性が全裸になる
基本的に男性が裸になってはいけません。あくまでも女の子とイチャイチャを楽しむ場ということを理解しましょう。

・女性キャストへの下半身のおさわり※お店による
お店によってはNGとされています。よりソフトなお店で働きたいと考えている女の子は下半身のおさわりがあるか、を参考にしても良いかもしれません。

・その他女の子が嫌がること
基本的に女の子が不快に感じることや、マナーを守れないお客さんはNGとされます。お店には常にスタッフさんもいるので、気になることがあったら相談しましょう。

セクキャバは稼げる?

セクキャバは稼げる?
セクキャバの仕事に興味を持っているのであれば、どのくらい稼げるか気になるところです。ここでは、セクキャバの給料システムやどれぐらい稼げるかについて紹介します

セクキャバのお給料


セクキャバは時給制になっていて、相場としては3,000~8,000円くらいです。これにドリンク、指名バックなどが加わります。

3~6時間で働いて1日15,000~40,000円くらいが目指せるお給料でしょう。

時給の違いは、
・サービスのハードさ(下半身のおさわりOKなど)
・人気店でルックス・スタイルの審査が厳しい
といった点で出てきます。
お店選びの際には、自分の目指したいお給料とお店の特徴などを見比べるようにしましょう。

時給制だから安定して稼ぎやすい


歩合制(どれだけの人数・時間を相手したか)を取っていることが多い風俗業界のなかで、セクキャバは時給制を取っています。なのでシフトを入れた分だけ確実に時給分のお金をもらうことができます。
スキマ時間があって、その時間でバイトできないかな……と考えている女の子にとってピッタリなお仕事です。

セクキャバで働くメリット・デメリット

セクキャバで働くメリット・デメリット

メリット


・時給制で安定して稼げる
ノルマがないところが多い
・性的サービスがないソフトな風俗
・同伴やアフターをする必要がない

デメリット


・風俗と比較すると給料は安め
・営業時間が限定される
・求人のある地域が限定される

セクキャバにはメリットとデメリットには上記のようなものが挙げられます。それでは、それらに詳しく解説していきましょう。

セクキャバで働くメリット


セクキャバは、キャバクラ以上、風俗未満のような、やや特殊なところがあるので、特有のメリットがあります。

時給制だから風俗より安定して稼げる

時給制のメリットは
・指名がなくても大丈夫
・短い時間でも確実に稼げる
・初めての人も安心
といった点があります。
昼のお仕事がある人のWワーク、学生さんの空いた時間のお小遣い稼ぎにもおすすめです。

ノルマがないところが多い

キャバクラでは、売上・出勤日数・同伴などにノルマがかけられていますが、セクキャバにはそういったノルマが設けられている事はほとんどありません。
この点がキャバクラとの大きな違いで、セクキャバの気軽さといえます。

性的サービスがないから風俗よりソフト

風俗ほどのお仕事をするのには抵抗がある……という人にとって、性的サービスがないのは大きなメリットです。男の人の下半身を触ることもありませんし、店舗内にはスタッフさんがいるという安心感もあります。

キャバクラと違って同伴・アフターは必要なし

同伴・アフターはお給料にも反映されませんし、むしろ、セクキャバでは同伴・アフターが禁止にされている方が一般的です。お客さんも1~2時間くらいの遊び方を求めている人が多いので、誘われる可能性も低いでしょう。

セクキャバで働くデメリット


気楽さがメリットになっている反面、それがデメリットになっている点もあります。この点は注意しておきましょう。

風俗と比較すると給料は安め

ヘルスやソープでは、日給5万円以上になることも珍しくないので、それらと比較すると安めです。ただ、その分ソフトなお仕事でもあるので、「気楽さが大事ならセクキャバ。金額が大事なら風俗」と考えるとどちらの方が向いているか分かります。

営業時間が限定される

一般的なセクキャバの営業時間は、19時~深夜1時ごろです。
閉店時間は地域の条例などで決められています。また、開店時間も、キャバクラの延長線上的なお店という性質から、お客さんも夜に集中しており、19時ごろが基本です。1日がっつり働きたい、昼間にシフトに入りたいという女の子にはセクキャバはあまり合っていないかもしれません。

求人のある地域が限定される

セクキャバはいわゆる繁華街に店舗が集中しています。お酒を飲んだ2軒目で立ち寄るといったお客さんが多いため、飲食店の近くに作る必要があるのです。派遣型のように地方部でも働けるというわけではないので、この点は注意してお店を探しましょう。

まとめ

セクキャバは、時給だから安定している、スキマで稼げる、性的サービスがないといった気楽にお仕事ができるのが特徴です。初めてのナイトワークとしてもおすすめできるので、気になった方はぜひお店を探してみてください。