風俗の仕事は脱ぐイメージで、妊娠線があると見た目が悪く、採用・不採用に影響するのではないかと気にしている人もいるでしょう。結論からいえば、影響はあります。詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

目次
  1. 1. 妊娠線(ストレッチマーク)ありだと働ける可能性が低い風俗求人
  2. 2. 妊娠線ありでも働ける可能性が高い風俗求人
  3. 3. 求人に応募するにあたっての注意点・ポイント
Qプリ

妊娠線(ストレッチマーク)ありだと働ける可能性が低い風俗求人

妊娠線(ストレッチマーク)ありだと働ける可能性が低い風俗求人
ソープデリヘルといった業種で、高級店に該当するお店だと、妊娠線ありで採用されるのは難しくなってしまいます。高級店ではお客さんが高額なお金を支払うので、プレイのテクニックや接客マナー、見た目のすべてにおいて、高いクオリティが要求されることが多く、妊娠線は見た目の要素でマイナス評価になるケースが多いのです。

男性経験の少なさが重視されるお店


清楚系・お嬢様系・学園系・ロリ系などのジャンルのお店がこれに当てはまります。これらの系統の女の子から、生活感のある結婚や出産は連想しにくいものです。お客さんからすると、妊娠線があると世界観が崩れて引いたりしてしまうので、お店としても採用には消極的です。

妊娠線ありでも働ける可能性が高い風俗求人

妊娠線ありでも働ける可能性が高い風俗求人
必ずしも妊娠線は風俗で仕事をする上で、面接時に不利になるわけではありません。武器になるお店もちゃんとあります。詳しくチェックしていきましょう。

人妻店


妊娠線がある人のなかには結婚はせずに一人で出産し、育てている女性もいます。ただ、妊娠線があるということは、現に人妻であるかそうであった時期がある女性が多いです。
そのため、人妻店ではリアリティがあるということで、妊娠線はお客さん受けが良く、お店側としても多くのところはまったく問題視せず、むしろ歓迎しています。妊娠線がある女性が風俗で働きたい場合、採用されやすさでいくと人妻店は有力候補になるでしょう。

熟女店


人妻店と同じような理由から、妊娠線があっても採用されやすいです。人妻店といっても、若妻系に当てはまるお店では応募資格の年齢制限をクリアできない人もいるでしょう。そんな場合には、在籍している風俗嬢の年齢が高い人妻店か、熟女店を応募する求人の候補にするのも良いです。

SMクラブ


お客さんに妊娠線があるのを気にする人が少ないのと、お客さんがS嬢に触らないことや、S嬢がボンテージなどに身を包んでいて脱がないのが基本のお店が多い理由で、採用されやすいです。
ただ、顔やスタイルが良くないといけなかったり、ハードで高度なサービスを提供できるようにならなければいけなかったりと、別の要素で採用のハードルが高いことが少なくありません。また、経験者のみの募集になっていることもあります。

オナクラ・エステ


3ナイ(脱がない・舐めない・触られない)が基本なので、妊娠線があっても採用されやすい部類に入る業種です。ただ、トップレスやオールヌードでのオプションは、NGにするとバックが稼ぎづらくなってしまいます。また、若い女性を募集しているお店が多いので、年齢によっては応募できる求人がかなり限られてしまうかもしれません。

激安・格安のヘルス・ソープ


高級店とは違い、女の子の採用基準のハードルが低いです。たいていのお店は顔やスタイルが多少悪くても、妊娠線があっても問題ありません。お客さんも安い料金で利用するので、とにかく抜ければ何でも良い的な考えの人が多く、妊娠線があるからといってクレームをつけるようなことは少ないです。

求人に応募するにあたっての注意点・ポイント

求人に応募するにあたっての注意点・ポイント
できるだけ有利、安心できる形で風俗の仕事をはじめるために、押さえておきたいことを4つピックアップしました。ひとつひとつ順番に確認していきましょう。

妊娠線OKか確認する


この確認作業をしておかないと、お店まで行って面接を受けたときに、妊娠線を理由に保証をカットされたり、不採用になったりする心配があります。不採用となれば、面接のための時間や交通費がすべて無駄になることに……。
ちなみに、隠して採用されても脱ぐお店であればバレますし、面接時にボディチェックがあればそこでバレます。なので、事前に妊娠線があっても問題ないか問い合わせをして、さらに許容範囲か写メ面接を受けて判断してもらうのが良いでしょう(写メ面接は必須のお店もあります)。

写メ面接については、以下のリンク先で具体的に解説しています。
風俗店の写メ面接を攻略!写メは盛ってナンボな人は要チェック!

託児所ありか確認する


託児所がある風俗店であれば、子どもの面倒を見てくれる人がいる安心感から、仕事に集中しやすくなります。自分で託児所を見つけて預ける選択肢もありますが、全額自腹です。風俗店の託児所であれば、料金面をはじめ何かと都合が良いケースが少なくありません。

託児所ありの風俗店について、詳しく知りたい方はこちら。
子どもがいても大丈夫!風俗店の託児所ってどんなところ?

妊娠線を目立たなくした上で応募する


妊娠線が目立っていると採用のハードルが高いお店は、ただでさえ高収入が見込める風俗業界のなかでも、より待遇・条件が良いケースが少なくありません。なので、そういうお店で働くのを諦めたくない人もいるでしょう。
もしそうであれば、できるだけ妊娠線を気にならない状態にまで持っていく方法を試してみるのも良いです。主な選択肢としては、以下の方法があげられます。

クリニックで治療を受ける

レーザーや炭酸ガス、針など、妊娠線には複数の治療方法があります。どれが良いかはクリニックに要相談ですが、即効性に優れているのがメリットです。デメリットとしては副作用・リスクがある点や、費用負担が大きい点があげられます。現状でお金が足りない場合は、ひとまず脱がないお店や脱ぐけれど妊娠線ありOKのお店で働いて、資金を稼ぐ手もありでしょう。

クリームでケアをする

専用の商品が市販されているので、それを使ってマッサージをするケア方法もあります。肌は三層構造で一番上が表皮、その下が真皮、最下層が皮下組織です。クリームはこれらのうち真皮にまで届くものが良いでしょう。クリニックと比べると即効性はありませんが、体への負担がなく費用負担も軽いのが魅力です。

身バレ・アリバイ対策の徹底具合を確認する


家族や恋人、友人などに、風俗での仕事を隠しておきたいと思う人は多いです。普通、風俗店ではバレないように対策をとってくれますが、どのくらいのレベルでやってくれるのかは、お店によって違いが見られます。なので、この点は求人に応募するにあたって確認したほうが良いです。

風俗店の身バレ・アリバイ対策について、詳細をチェックしたい方はこちら。
風俗嬢の身バレはどこから?隠して働きたければ対策を!
風俗で働くならアリバイ会社は必須?身バレ対策について

まとめ

高級店をはじめ、妊娠線があると不採用になる確率が高い風俗店はあります。お金や時間をかけて目立たなくしたあと、そういうお店に応募する手もありますが、現状でも人妻店や熟女店など、逆に歓迎してくれるお店は数多くあります。
求人の傾向がわかれば、あとは自分が希望する待遇・条件で働けるお店を探すだけ。ぜひ、活躍できるお店を見つけてくださいね。