風俗ですでに働いている女の子のなかには、風俗業界では仕事させてくれない、つまり「干されている」状態があるという話を聞いた子もいるかもしれません。
実際、自分が出勤してもフリーのお客さんがつかない、同僚の子で仕事がまったくない子を見ていると「干されているかも……」と不安になることもあるでしょう。
風俗業界で干される原因、自分が干されているか知るポイント、干されたときの対処法を知っておくことが、風俗の仕事では重要です。

目次
  1. 1. 風俗嬢が干される7つの原因
  2. 2. 干されているか見抜く方法
  3. 3. 干された際の対処法

風俗嬢が干される7つの原因

風俗嬢が干される7つの原因
風俗で働く女の子は、どのようなことが原因で干されてしまうのでしょうか。その原因は主に7つあります。

①遅刻・当欠が多い


風俗業界では、遅刻や当欠に関しては寛容で、数回であれば許してもらえるところがほとんどです。働く女の子のなかにはシングルマザーもいるので、お子さんが急に具合が悪くなるなどの例を配慮して、当欠でも仕方ないというお店もあります。
しかし、いくら遅刻や当欠に寛容な業界であっても、それが何回も続くとさすがに許してはくれません。女の子のなかには、仕方ない用件ではなく、「遊ぶ約束が入った」とか、「出勤がめんどうくさい」という理由で当欠をする子もいます。
そのような子がいては、お店のスタッフだけでなくお客さんにも迷惑がかかり、お店の信頼を失うことになるでしょう。遅刻・当欠を繰り返し改善する姿勢を見せない子は、待遇が悪くなり干される可能性が高くなります。
 

②お客さんからの苦情が多い、アンケート結果が悪い


接客業はお客さんからのさまざまなクレームが付きものであり、それは風俗店でも例外ではありません。お客さんのなかには明らかなクレーマーもいて、言いかがりのようなクレームでお店に当たるケースもあります。
しかし、1人の女の子に対して、複数のお客さんから同じ内容のクレームがきた場合、それは明らかに女の子側が悪いと判断してもいいでしょう。
お客さんから苦情の多い・アンケート結果が悪い女の子の特徴は、接客態度が悪い(愛想がない、プレイにやる気がない、プレイのNG項目が多い)、見た目がだらしない・不潔などです。
お客さんの好みじゃなかった・フィーリングが合わなかった場合は仕方のないことですが、それ以前に仕事における姿勢が不真面目で苦情が多い女の子は、指名が回ってこなくなり、干されることになるでしょう。

③スタッフに対する態度が良くない


ルックスが良くて愛想が良い女の子は、多くの人気を獲得することができるでしょう。しかし、それだけでは、必ず指名ナンバーワンの女の子の地位につけるとは限りません。
働く女の子は、お客さんだけでなく、身内であるお店のスタッフとも良好な関係を築くことが大事なのです。人気のある女の子が、普段からスタッフに傲慢な態度であった場合、その女の子が稼ぎ頭のために、スタッフも多少は我慢するでしょう。
しかし、その態度が度を過ぎた場合、我慢の限界となり、お店側はその女の子に仕事を回さなくなる可能性もあるのです。
また、その逆に、それほど指名がこない子でも、普段からスタッフに気を遣う姿勢があれば、スタッフもその子を応援したくなり、新規の指名を回してくれるかもしれません。

④ほかの女の子にいじめ・嫌がらせをしている


風俗店のなかには、集団待機でほかの女の子としょっちゅう顔を合わせることが多いお店もあります。そして、同僚のなかには、どうしても生理的に合わない・うまが合わない子もいて、喧嘩に発展するパターンも決してない話ではありません。
いくら相手が嫌いだからといっても、嫌がらせや誹謗中傷、嘘の噂を流すなどをしてはいけません。お店側にバレないように嫌がらせをやっていると思っても、狭いお店の人間関係のなかで行ういじめ・嫌がらせは、確実にバレます。
そのようないじめが発覚した場合、解雇か干されるというペナルティが発生するでしょう。

⑤本指名をとれない


風俗は基本的に自由出勤であり、ノルマのない仕事です。そのため、とくに稼がなくても解雇になることはありません。しかし、あまりにも本指名がない子は、お店の売り上げに貢献しないと判断されて、干される傾向があります。

⑥店長と仲が悪い


個人的に店長と仲が悪い場合、店長の私情により仕事を回してもらえないケースもあります。どの女の子にお客さんをつけるかという判断はお店で1番偉い店長に権利があるので、気に入らない女の子がいれば、その子を干すことになるでしょう。

⑦お店のコンセプトに合わなくなった


痩せた・太ったという容姿の変化が生じた場合、そのお店のコンセプトと合わなくなる場合があります。スレンダー系の女の子が揃っているお店で1人だけ太った子がいれば、お客の好みに合わないので、当然ながらその子の仕事は減るでしょう。
また、清楚系をウリにしているお店で見た目がギャルっぽい子の場合、人妻系のお店で幼い感じの子などは、干される可能性が高いです。

干されているか見抜く方法

干されているか見抜く方法
仕事が減ってきた場合、干されている可能性があります。干されているかを知るためのポイントとは、どのような点なのでしょうか。

フリーのお客さんを振られなくなる


風俗で働く女の子は指名がない場合、指名をしていないフリーのお客さんとの接客になります。しかし、所属するお店でフリーのお客さんさえも付かない場合、それは干された可能性が高いです。
通常、お店側は指名がない女の子にも配慮して、なるべくフリーのお客さんを振り分けてくれます。しかし、フリーのお客さんが減少すると、お店側が意図的に振り分けをストップしていると疑ったほうがいいかもしれません。

回されるお客さんの質が悪くなる


風俗店に通うお客さんは、マナーの良い優しい人もいれば、こっちは金を払っている立場だとばかりに横暴な態度をとる人など、そのタイプはさまざまです。
干されている女の子は、お店側に嫌われているケースもあるので、あえて質の悪いお客さんばかり回す嫌がらせを受けることもあります。接客するお客さんが嫌なタイプばかりだったら、干されているのを疑ったほうがいいでしょう。

出勤調整をされる


風俗の仕事は基本的に自由出勤なので、稼ぎたい女の子は出勤日を多くすることも可能です。しかし、干されている女の子は、お店側の出勤調整という名目で、自分の希望通りの出勤日数をこなせないというパターンがあります。
「この日はほかの子たちの出勤が集中するから、〇〇ちゃんには仕事は回せない」といった具合にです。風俗業界では、「干される=出勤調整」という考えが定説なので、出勤調整により出勤日数を多くできない場合は、ほかのお店に移ることを検討したほうがいいでしょう。

振替をされる


風俗でお客さんが指名する方法のひとつは、風俗店のサイトに掲載された女の子の写真を見て、その子を指名するというものです。しかし、デリヘルなどでお客さんの自宅に来た女の子が、写真とはまったくの別人であるケースがあります。これは風俗業界では振替と呼ばれているやり方です。
風俗店のなかには、在籍していない可愛い女の子の写真をサイトに並べる、「振替店」というお店もあります。指名した女の子とまったく見た目が違う子が来た場合、お客さんは当然良い気分にはならず、振替担当の子に文句をいうお客さんも少なくありません。
お店で干された場合、振替というお客さんの反感を買うやりづらい接客を多く回される可能性があります。

無視・冷たい態度をとられる


干される立場になるということは、お店側から嫌われていることを意味します。そのため、スタッフなどの対応が冷たくなり、挨拶をしても無視されるなどの扱いに……。
お店側としては女の子に辞めてほしいので、長く在籍すると冷たい態度や無視は、ますます悪化するでしょう。

干された際の対処法

干された際の対処法
干されたと感じた場合に行う対策は、主に2つです。干された状態を脱出して仕事をしたい場合、すぐに対策を実践しなければいけません。

干された原因をなくすように努力する


干される原因は、お客さんとスタッフからの評判が悪いからです。もし、そのお店で干されずに仕事を継続したい気持ちがあったら、接客態度やスタッフへの対応を改善する必要があります。
いくら風俗の仕事が一般的な仕事とは違うとはいえ、お客さんを相手にするサービス業であることに変わりはありません。どのような勤務態度であればお客さんが喜んでくれてリピートしてくれるか、じっくりと考えることが大事です。
また、働きやすい環境づくりをするには、同じ職場のスタッフとも良好な関係を築く必要があります。どうやれば指名客が増えるか自分で考えてもわからない場合は、思い切ってスタッフに相談するのもいいでしょう。
そのような態度を見せれば、「この子は真面目に仕事に取り組もうとしている」とスタッフに良い印象を与えるかもしれません。また、普段の生活スタイルも見直して、見た目を気にして清潔にする・時間厳守なども心がけるようにしましょう。

諦めてほかのお店を探す


本人の努力次第で、干された状態を改善することは決して不可能ではありませんが、一度失った信頼を取り戻すのは、非常に労力を費やします。そのため、諦めて違うお店に移るという方法を選択してもいいでしょう。
また、干される原因は、自分の態度などではなく、お店側と合わないという理由もあります。いくら本人が接客を頑張っても、そのお店についているお客さんやスタッフと合わない場合は、他店を選ぶのもいいかもしれません。

まとめ

風俗の仕事は、ほかの仕事に比べて高収入が見込めるのが魅力です。しかし、いくら高収入であっても、干された状態になって仕事自体をしなければ稼ぐことはできません。
干されたからといって慌てずに自分自身とその状況を客観視して、「なぜ干されたのか」や、「どうすれば仕事がまわってくるか」をじっくりと考察して、原因の解消や移籍といった次のアクションを起こしましょう。