風俗嬢としてデビューするのは、何歳からでもOKというわけではありません。とくに若い女の子は、年齢によっては知らずに働きはじめると、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。
では、何歳からであれば良いのでしょうか。また、逆に何歳まで風俗のお店で新規で雇ってくれるところがあるのかが気になっている人もいるでしょう。このあたりの疑問を解消するために、年齢制限に関する情報をお届けします。

目次
  1. 1. 風俗業界における年齢制限
  2. 2. 【ジャンル別】求人情報の年齢制限の例
  3. 3. 求人情報の年齢制限に引っかかると採用されない?
Qプリ

風俗業界における年齢制限

風俗業界における年齢制限
年齢制限の下限と上限について、ここでは解説していきます。法律による縛りや、お店による縛り、風俗の協会による縛りがあることを押さえておきましょう。

法律による年齢制限


18歳未満の人が、風俗店で働くことは認められていません。その根拠となっているのが、風営法 と呼ばれている法律です。違反すれば、懲役や罰金による刑罰、営業停止などの行政処分をお店側は受けることになります。
さらに、18歳未満で風俗店で働いていた女の子も、大変な目に遭いかねません。警察による事情聴取や、親や学校への連絡、少年法によるペナルティを受ける可能性があります。

18歳でも高校生はNG

法律上、18歳以上であれば風俗の仕事をすることは可能です。しかし、18歳以上であっても高校生は採用しないお店は多いです。なぜかというと、大きな理由としてお店には面倒を避けたい考えがあります。
高校生を働かせていると、18歳以上とはいえ未成年を働かせていることで警察に目をつけられ、あれこれと理由をつけられて廃業に追い込まれるリスクがお店側にあります。また、親や学校に知れて怒鳴り込まれるような事態になるのも面倒で避けたいと思っているのです。
女の子側にも、親や学校に風俗で働いている話が知れれば、親には辞めさせられるでしょうし、学校からは停学や退学処分を食らうようなことになりかねないでしょう。どこからか同級生などに話が漏れて、ネットで名前や写真が拡散されるようなことにでもなれば、進む道によっては非常に不利になりかねません。

年齢の上限について定められた法律はない

18歳以上であれば何歳からでも風俗の仕事をはじめることは、現行の法律上は可能です。もっというと、何歳まででも現役で続けられる可能性があります。
実際、40~60歳ぐらいの風俗嬢が在籍し、さらには未経験OKで募集しているような熟女系風俗店まであります。もちろん、お客さんのニーズがあるからこのような店は成り立っているわけで、稼げるチャンスはあります。

お店による年齢制限


現役J●が働く、人妻・熟女専門など、打ち出したいカラーがはっきりしているお店は、独自に年齢制限を設けていることが多いです。たとえば、現役J●が働くをウリにしたいお店であれば、それに見合った若い年齢で応募資格に縛りを設けないと、見た目的に無理がある女の子が応募してきてしまい、断る時間と手間がかかります。また、採用してしまえばお店のコンセプトがブレてしまい、結果、客入りに悪影響が及ぶので、年齢制限を設けているわけです。
ほかにも、ソープランドの場合、エリアによってではありますが、20歳以上の女の子しか募集していません。これはそのエリアの協会の判断であったりするためです。

【ジャンル別】求人情報の年齢制限の例

【ジャンル別】求人情報の年齢制限の例
ギャル系や人妻系、熟女系など、風俗業界には多くのジャンルが存在します。それぞれの年齢制限の傾向や、系統別にどんな女の子が働くのに向いているか解説していきます。

素人系


風俗業界における素人とは、風俗の仕事に慣れていない雰囲気、風俗の仕事をしているように見えない雰囲気を持つ人のことをいいます。なので、素人系で求人を検索してみると、後述するジャンルのお店も多数見つかります。年齢制限は後述するジャンルによっても変わってきますが、18~30歳ぐらいまでのお店が多いです。
風俗未経験の人であれば、自然に初々しさが出るので素人系は合っているでしょう。

ギャル系


求人の年齢制限は、18~20代が多いです。黒い女の子や派手な女の子、ギャルになりたいと思っている若い女の子に向いているジャンルです。女子高生の制服が衣装になっているお店もあるので、コスプレしたい人にも良いでしょう。

ロリ・萌え・妹系


18歳~20代前半ぐらいまでが年齢制限になっている求人が多いです。きれい系よりかわいい系の見た目、幼い感じ、アニメ声を持っている女の子であれば、活躍しやすいでしょう。学園系のコスプレやメイド服を着るお店で働きたい女の子にも、その希望が叶うお店が多いのでおすすめです。

OL系


18~35歳ぐらいまでが応募資格の求人情報が目立っている印象です。秘書が着るようなスーツや事務服・会社制服着用で仕事をするお店が多くあります。知的な印象の人やかわいい後輩キャラの人など、オフィスにはさまざまなタイプの人がいるように、OL系風俗は働く人のタイプをあまり選びません。

お姉さん系


OL系風俗と同じような年齢が応募資格の求人が多く見つかります。かわいい系ではなくきれい系で、さらに派手なタイプではなく落ち着いたタイプに当てはまると思う人であれば、お姉さん系風俗で働くのは向いているでしょう。

若妻系


OL系風俗やお姉さん系風俗と同様に、18~35歳ぐらいまでで募集をかけているお店が多い印象です。塾した大人の色気ムンムンな人よりは、フレッシュさが感じられる人のほうがコンセプトに合っていて活躍しやすいでしょう。

人妻・熟女系


20代後半ぐらいからが年齢制限の下限になっている求人に、人妻・熟女系の風俗店は多いです。ただ、人妻系に限っていうと、18歳以上で可としているお店もあります。このようなお店は人妻系のなかでも若妻系のお店といえるでしょう。熟女系を含め、上限については40代ぐらい、50代ぐらい、上限なしと幅広いです。

求人情報の年齢制限に引っかかると採用されない?

求人情報の年齢制限に引っかかると採用されない?
求人情報の応募資格を見て、年齢制限をクリアしていない人が働けるケースと働けないケースがあります。どういうことか、具体的には以下の通りです。

「見た目年齢」で採用される可能性あり


人妻系の風俗店の求人で、応募資格が26歳以上のお店があるとしましょう。この年齢未満の女の子、たとえば二十歳そこそこでも、ジャンルに合う雰囲気を持っていれば採用される可能性は十分にあります。実際、はじめから見た目年齢で女の子を募集しているお店も多いです。

面接で実年齢の確認がとれないと不採用


見た目年齢が大人っぽければ、18歳未満でも働けるのではないかと思った人もいるかもしれません。しかし、自分の年齢を誤魔化して採用されることはありません。お店の求人に応募し、面接を受けるときに、身分証明書の提出を求められた時点でアウトだからです。

「それって、どこのお店でもやってるの?」と思った方は、以下のリンクに解説があるのでチェックしてみてください。
風俗の面接には身分証の提示は必須なの?

まとめ

風俗業界で働くには、18歳以上であり、高校生ではないのが法律で決まっているので、これは最低でもクリアしていなければいけない条件です。それに加えて、お店によっては20歳以上など、独自の年齢制限を設けています。年齢の上限に法律の縛りはないので、お店の年齢制限に引っかからなければ、40歳や50歳、それより上の年齢でも働き、高収入を稼げる可能性があります。
また、実年齢がお店の応募資格をクリアしていなくても、見た目年齢でクリアしていれば問題なく雇う方針のお店は多いです。素人系、人妻・熟女系など多くのジャンルがある風俗業界。ジャンル別にお店が想定している女の子の年齢には傾向があるので、その年齢とお店のカラー、自分の年齢と雰囲気に合う求人を選びましょう。