風俗嬢として働くことを検討している、あるいは現在すでに働いている女性で整形をする人は珍しくありません。そんな中、アナタは整形することを迷っている1人ではないですか?
この記事では、風俗嬢で整形している人が多いパーツと術式、整形するメリット・デメリット・リスク、整形の金銭的なサポートをしてくれるお店について知ることができます。

目次
  1. 1. ほかの女の子はどこをいじるの?している人が多い整形のパーツと術式
  2. 2. 風俗嬢が整形するデメリット・リスク
  3. 3. 風俗嬢の整形手術を金銭的にサポートしてくれるお店はある?
Qプリ

ほかの女の子はどこをいじるの?している人が多い整形のパーツと術式

ほかの女の子はどこをいじるの?している人が多い整形のパーツと術式
顔と体の中で整形している人が多いパーツ、そしてどの術式が人気なのか、施術の所要時間、効果の持続期間、ダウンタイム、費用の情報を含めて紹介します。


目を整形している人が多く、術式として人気なのは二重まぶた切開です。半永久的に二重にすることができます。
手術時間はデザインの時間を含め1時間半ほど、費用は手術の細かい条件によって変わりますが、40万円前後です。ダウンタイムは、術後の腫れなどが目立たなくなるのに約2週間、完全に消えるまで1~3ヶ月ほどかかります。


胸を整形している人が多く、術式として人気なのはヒアルロン酸注射による豊胸です。効果は2~3年ほど持続します。
施術は15~30分ほどで終わり、ダウンタイムはほぼありません。体質によっては胸が硬くなることがありますが、1週間ほど経つと本来のやわらかさに戻ります。費用はヒアルロン酸の量や成分で異なり、15~140万円程度と幅があります。

風俗嬢が整形するメリット


見た目が変わることによって、風俗での仕事をする女性にはさまざまな良い影響がもたらされる可能性があります。詳しく見ていきましょう。

人気が上がる


お客さんは、はじめてプレイする女の子のテクニックや礼儀作法まではわかりません。なので、とりあえず顔やスタイルでよい印象を受けた女の子をネット指名やパネル指名するお客さんが多いです。整形により、そのときに指名を獲得できる可能性がアップします。
指名で付いたお客さんをテクニックや礼儀作法含め満足させることができれば、その人が固定客になってくれるかもしれません。そうして人気が出ていけば、収入がアップします。

自分に自信がつく


「どうせ自分はブスだし……」とか、「どうせ自分はスタイル悪いし……」などと思っていると、うつむきがちで表情は暗く、発言がネガティブになり……。と、まわりの人に不快な思いをさせる負のオーラを漂わせてしまいます。
そんな状態では風俗嬢としての仕事も、「私なんかが頑張ったってしかたない……」といい加減になりがち。お客さんからの評価も低く、稼げないという悪循環ができてしまいます。
整形によりコンプレックスを解消すれば、こういったネガティブ要素を一掃できる可能性があります。

私生活にもプラスがある


風俗嬢としての仕事で、見た目でのお客さんウケがよくなるだけでなく、プライベートでモテるようになる可能性まであります。街中や飲み屋、クラブなどで声をかけられることが増え、チヤホヤされるようになったり、ハイスペックな男性とのお付き合いができるようになったりするかもしれません。

高級店の面接で合格できる確率が上がる


中級店や大衆店、格安店に比べ、高級店は料金設定が高いので、利用するお客さんは在籍する風俗嬢に高いクオリティを要求します。見た目、プレイのテクニック、礼儀作法のすべてにおいてです。
高級店は、整形の女の子はそれだけで応募資格なし、面接不合格としているわけではありません。また、プレイのテクニックや礼儀作法は面接合格後の講習で身につけることができるので、とりあえず顔やスタイルがよければ採用される可能性は高いです。

昔の知り合いに風俗バレしにくい


「これ、〇〇(アナタの名前)じゃない?」と、お店のホームページや雑誌などのメディアを見た学生時代の同級生や先輩などに見つかり、ネットで本名を書かれるなどして身元が割れる可能性があるのが、顔出しで働くうえで嫌なところです。
整形をして顔が変わればその心配がなくなり、顔出しOKの風俗嬢として仕事がしやすくなります。顔出しNGの風俗嬢に比べて指名を取る上で有利、雑誌などへのメディア出演による稼ぎも期待することができます。

風俗嬢が整形するデメリット・リスク

風俗嬢が整形するデメリット・リスク
整形をするかしないか判断するうえで、デメリット・リスクは確認しておいたほうがいいです。

費用負担


数十万円や100万円オーバーのお金が一度にかかることが、整形では珍しくありません。自分の貯金が十分にある人や、整形費用を出してくれる人=たとえばパパがいてポンと支払えればいいのですが、そうでない人はコツコツ貯金していくのか、医療ローンを利用するのかなどと、頭を悩まされます。

ダウンタイム


どのパーツをどの術式で整形するのかによって、ダウンタイム(安静にして過ごす時間)は違います。十分なダウンタイムをとることなく早期復帰したり、体験入店したりすれば、施術した箇所からの感染症リスクが高い中でお客さんを相手にすることになるので危険です。

整形依存


はじめは一重まぶたが二重まぶたになれば十分くらいに思って整形したものの、涙袋をつくりたい、鼻を高くしたい、あご・輪郭をすっきりさせたい、脂肪を落としたいなど、歯止めがきかくなってしまう人がいます。風俗で稼ぐための整形が、整形のために風俗で稼ぐ状態になってしまいます。

メンテナンスが必要になるケースがある


パターンはいろいろあります。たとえば、永続性のない施術の効果が失われたとき、老いによりまわりのパーツとのバランスがおかしくなったとき、シリコンやプロテーゼの挿入後に位置がズレる・破損するなどのトラブルが起こったとき……。これらの理由でまた整形するのであれば、費用負担やダウンタイムが発生します。

お客さんに整形バレする


これにより、整形に否定的な初見のお客さんがリピートしてくれない、固定のお客さんが離れていってしまう可能性があります。「親がくれた体に傷をつけるなんて」などと嫌なことをいわれてしまうかもしれません。

整形の程度によっては面接で不合格になる可能性がある


やりすぎ、不自然な印象を面接官に与えてしまうと、採用してくれないことがあります。整形により自己満足を得るのは自信に繋がるので悪いことではありませんが、風俗嬢としての仕事で成功することを望むのであれば、「人から見てどうか?」を強く意識して整形したほうがいいでしょう。

風俗嬢の整形手術を金銭的にサポートしてくれるお店はある?

風俗嬢の整形手術を金銭的にサポートしてくれるお店はある?
結論からいうと、見つかる可能性はあります。ここで、お店の探し方などについて押さえておきましょう。

求人サイトで探せる


求人サイト内の検索機能を使い、整形のキーワードを指定して探す方法があります。これにより、求人情報に整形の相談に応じていることなどを記載しているお店がヒットする可能性があるでしょう。
ほかには、求人サイト内の自分のプロフィールに、「整形費用の負担を希望します」などと、金銭的なサポートがほしいのがわかる情報を記載しておく方法があります。これにより、希望に応じることができるお店がスカウトしてくれる可能性があります。

条件はお店によって異なる


整形を金銭面で応援してくれるお店であっても、全額負担してくれるのか、一部負担してくれるのかは違うので確認が必要です。お店によっては前借り(バンス)=店長・社長・オーナーを相手にする個人の借金が可能で、それを整形費用にまわす形になるケースや、提携クリニックの割引を受けることが可能なケースがあります。

まとめ

風俗嬢として仕事をするうえで整形をする最大のメリットは、人気が上がる可能性があることです。お客さんが多く付けば収入がアップし、整形費用を簡単に回収できてしまうかもしれません。
ですが、整形依存をはじめ、心配な要素が少なからずあるのも事実。デメリット・リスクがあることを知ったうえで、整形するのが本当に正解なのか、よく考えてみてくださいね。