ハーフの女の子は、日本人離れしたルックスで男性から大人気です。このルックスを活かして稼ぎたいと考えているのなら、風俗バイトがおすすめ!ただでさえ稼ぎやすい風俗バイトですが、ハーフの女の子ならより稼ぎやすくなりますよ!
当記事では、ハーフの女の子が風俗バイトで高待遇を得られる理由や、働くうえでのメリット・デメリットなどについてご紹介します。風俗バイトに興味があるハーフの人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

目次
  1. 1. ハーフ風俗嬢のメリット
  2. 2. おすすめ業態の紹介
  3. 3. 〇〇系別の特徴【タイプ】
  4. 4. ハーフの女の子が風俗で働く前の注意点

ハーフ風俗嬢のメリット

ハーフ風俗嬢のメリット
ハーフであることが、日本で仕事をするうえで不利に働くことはあまりないです。風俗業界におけるハーフの女の子の待遇についてもそれは変わりません。詳しく見ていきましょう。

ハーフは貴重で人気


ハーフであることを活かして、芸能界で活躍しているタレントやモデルはたくさんいます。芸能界だけに留まらず、あらゆる業界でハーフの人が活躍していることをご存じでしょうか。
風俗業界でも同様で、ハーフは需要があるので多くのお店が人材を確保しようとしています。ハーフの女の子とエッチなことをしてみたいという欲求を抱く男性はとても多いので、お店はハーフ女性に働いてもらうために高待遇を用意しているのです。

バンスがしやすい


風俗業界には、バンスと呼ばれる制度があります。バンスとは給料の前借りのこと。お店によっては働きはじめる前でも制度を利用できることがあります。
ただ、前借りといってもバンスは店長からの個人的な借金であることが多いです。お店からお金を貸してしまうと、法的な問題が出てくる可能性があるのがその理由となっています。
風俗業界におけるバンス・前借り制度について、詳しく知りたい人は以下のリンク先をチェックしてみてください。
風俗店のバンス・前借りとは?風俗バイトをするなら覚えておこう

顔出しOKなら広告塔に


風俗店で働くときには、顔出しがOKかどうかを聞かれます。顔出しがOKだと、お店のホームページや風俗情報誌などに掲載され、給料以外に別途手当が発生します。
ハーフの女の子だと、ルックスが日本人と明らかに異なることも多いので、顔出しすれば間違いなく注目を集めますよね。その女の子を目当てにやってくるお客さんも当然増えると予想できるので、日本人の女の子よりも手当が良くなることが多いのです。

日本語が苦手でもOK


両親の都合で日本へ移り住むことになったハーフの女の子だと、日本語があまり上手じゃないこともあります。敬語が使えない、ゆっくりじゃないと話せないなどの理由で、バイトしたくてもできないといったケースは少なくありません。
その点、風俗バイトなら日本語が苦手でも問題なく働けます。まったく話せないと難しいかもしれませんが、それほど流暢な日本語を求められることはないからです。困ったときは、お店のスタッフがサポートしてくれますよ。

地方ではさらに人気が高い


地方都市だと、東京や大阪、名古屋などの都会に比べてハーフの女の子が少ないです。地方都市のさらに郊外ともなると、ハーフの女の子がいる風俗店などまずないでしょう。
そうした理由から、地方のお店へ出稼ぎに行ったとき、高待遇を受けられやすいメリットがあります。お店としては、ハーフの女の子が出稼ぎに来てくれていることを大々的にアピールでき、メリットしかないのです。都心だけでなく、地方でも稼げるのはハーフとして生まれた女の子の魅力ですね。

おすすめ業態の紹介

おすすめ業態の紹介
自分のカラーに合った、働きやすいと感じる営業形態のお店に所属すると、より稼ぎやすくなります。どんなお店が良いのか、おすすめをここではまとめました。

ハーフ専門店


ハーフの女の子ばかりが在籍している専門店です。ハーフ女子需要の高まりを受け、最近ではこうした専門店が増加しつつあります。在籍しているのはハーフの女の子ばかりなので、初めて風俗バイトをする人でも安心です。
ハーフやクォーターなど、似たような境遇の女の子が在籍しているので、仲良くできる友達が見つかるかもしれません。また、客層はハーフの女の子を求める男性ばかりなので、効率良く稼げる可能性が高いです。

高級ソープ


高級ソープは、顔立ちはもちろんスタイルも抜群な女の子が働いているイメージですよね。実際そのようなお店が多いのですが、お客さんも富裕層や著名人などが多く、稼ぎやすいのは間違いありません。
高級店に採用してもらうには、高いハードルをクリアしなくてはなりませんが、ハーフ女子ならそれも問題ないでしょう。風俗業界では、ハーフの女の子はそれだけで価値があると思われているので、採用される確率が高いのです。

外国人専門店


外国人の女の子ばかりが在籍する専門店です。海外からのお客さんが利用しそうなイメージですが、実際には日本人の男性から大人気。日本人離れしているルックスなら、外国人専門店でも十分通用するでしょう。
ハーフでも、人によっては日本人とあまり変わらないルックスの人もいます。アジア系のハーフだと、その傾向が強いといえるでしょう。そのため、外国人専門店で採用されるかどうかは、ルックスにかかっています。

外国人観光客専門店


旅行や語学学習など、さまざまな理由で日本を訪れる外国人が増えています。そうした事情もあり、近年では外国人観光客を対象とした風俗店も増加傾向にあります。
外国人観光客専門店だと、ハーフ女子は以下のようなメリットを得ることができる可能性が高いです。ひとつずつ順番にチェックしていきましょう。

語学力が活かせる

ハーフの女の子だと、両親から日本語だけでなく外国語も教え込まれている人もいます。もともとは外国で暮らしていたハーフ女子だと、母国語と日本語の両方を話せるケースが多いので、語学力を活かして働けるのです。
日本人の英語力は世界的に見てもかなり低く、風俗店のスタッフや女の子で話せる人は少ないと考えられます。外国人観光客専門店なら、外国の男性がお客さんなので、語学力があったほうが採用されやすくなるでしょう。

富裕層のお客さんが多い

日本に訪れて風俗遊びをする外国人の男性は、富裕層であるケースが少なくありません。日本を代表するソープ街、東京の吉原でも中国などの富裕層がよく遊んでいます。
富裕層の男性だと、ロングコースで利用してくれることが多いので、女の子の稼ぎが多くなります。また、さまざまなオプションをつけてくれる人もいるので、オプションバックもかなりのものになる可能性があります。

チップがもらえるチャンス

日本ではなじみがありませんが、海外の国によってはチップ文化が根付いているところもあります。そのような国の人だと、お店に支払う料金以外にも、接客してくれた相手に対してチップを支払うのが当たり前になっているのです。
そのため、外国人観光客のお客さんにサービスを提供したあと、チップをもらえる可能性があります。お客さんからもらったチップは、そのまま女の子に全額バックとなるお店が多いので、収入がアップしやすいのです。

身バレのリスクが低い

日本人をお客さんとする一般的な風俗店の場合だと、知人や友人に身バレしてしまうリスクがあります。店舗型の風俗店だと、モニターチェックもありますが、デリヘルのような派遣型風俗だと、お客さんのもとに行ってみないと誰なのかわかりません。
外国人観光客専門店だと、そもそも日本人は利用しないため、バレにくいのです。身バレするリスクが限りなく低くなるので、バレて友人をなくしたり、周りの信用を失ったりすることもありません。

あえて一般的な風俗店を選ぶのもアリ


「一般的な風俗店だと、日本人の女の子ばかりだから不利なんじゃ……」と思っている人もいるかもしれませんね。たしかに、一般的な風俗店を利用するのは日本人男性なので、そう思ってしまうのもある意味しかたありません。
実際には、一般的なお店で働くことによって、ほかの女の子と差別化ができます。日本人の女の子ばかりの中に、ハーフがいるので目立ち、あっという間に人気が出るかもしれません。

風俗以外の高収入アルバイト


女の子が高収入を得られるバイトだと、まず思い浮かぶのが風俗です。ソープやデリヘル、箱ヘル、エステなどが代表的ですが、未経験の人だとやはり不安もつきまといますよね。
風俗バイト以外にも、高待遇を得られるバイトはたくさんあります。代表的なものだと、キャバクラやライブチャットなどでしょうか。キャバクラやライブチャットなら、頑張り次第では風俗バイトよりもたくさん稼げる可能性があります。気になる人は、風俗バイトと併せて検討してみましょう。

キャバクラ

お店へ訪れたお客さんの隣に座り、お酒をつくって一緒に飲んだり、お喋りを楽しんだりするお仕事です。キャバクラで働く女の子は、キャバ嬢やキャストなどと呼ばれます。
基本的に、キャバクラは時給制を採用しているので、とりあえず出勤すれば収入が得られます。お店によりますが、時給も3,000~4,000円くらいが相場なので、短時間でも効率良く稼げるでしょう。特にハーフの女の子だと、貴重なので採用されやすいかもしれません。
ただ、キャバクラでは会話でお客さんを楽しませる必要があります。日本語でしっかりコミュニケーションがとれないと、難しいかもしれません。

ライブチャット

スマホやパソコンがあればチャレンジできるので、高収入を得たい女の子におすすめのお仕事です。オンラインで男性と会話をして、時間に応じた報酬をゲットできます。
ハーフの女の子におすすめなのは、パーティーチャット。マンツーマンで会話をするのではなく、複数の男性と同時にお話をする、まさにパーティーのようなライブチャットです。
ハーフの女の子は動画での見栄えもいいので、パーティーチャットでも大人気。1時間あたり数万円を稼ぐことも不可能ではありません。

〇〇系別の特徴【タイプ】

〇〇系別の特徴【タイプ】
一口にハーフといっても、白人系などさまざまなタイプがあります。風俗で働くにあたって有利になる系統もあれば、不利になりやすい系統もあります。
ここでアナタにあてはまる〇〇系について、チェックしてみてください。

白人系


ハーフ女子の中でも、特に日本で高い人気を誇るのが白人系です。真っ白で透き通るような肌や、ブロンドヘアの女の子と、遊んでみたいと考える日本人男性は少なくありません。
需要が高いのでさまざまなお店で採用されやすく、高級店でも容易に迎え入れてもらえる可能性があります。ヴィジュアルがどうしても派手に見られやすいので、清楚系のお店だと難しいかもしれませんね。面接前に、お店の属性はチェックしておきましょう。

アフリカ系


日本人の男性からは好まれにくいのは否めませんが、稼げないわけではありません。独特の黒い肌に魅力を感じる男性もいるので、在籍するお店によっては十分稼げるでしょう。
そもそも、日本の風俗業界で働くアフリカ系ハーフの女の子自体が少ないです。需要を独占できるので、効率良く稼げるかもしれませんね。ただ、アフリカ系ハーフの女の子を採用しているお店は少ないので、じっくり探してみましょう。

ラテン系


明るい性格の人が多いので、女の子と楽しく遊びたい男性から需要があります。プレイもアグレッシブな人が多いので、日本の風俗業界でも十分稼げる可能性はあるでしょう。
特に、ラテン系ハーフの女の子だと、お尻やバストのボリュームが素晴らしいので、そこに魅力を感じる男性も少なくありません。「あのダイナマイトボディを好きにしてみたい」と考える男性は実際多いのです。外国人専門のお店なら採用されやすいと考えられますが、日本語が堪能なら一般的なお店でも働けるかもしれません。

東南アジア系


濃い顔立ちの女の子が多いです。そのような顔立ちの女の子が好きな男性からは需要があるかもしれません。ただ、東南アジアの国々では、日本の風俗店よりも遥かに安い金額で遊べるお店が多いのも事実。
そのため、平均以上のルックスでないと、思ったように稼げない可能性があります。誰からも可愛いといわれる、スタイルには自信があるなど、自分なりの武器があれば稼ぎやすくなるかもしれませんね。

韓国系、中国系


韓国や中国の人だと、人によっては日本人とまったく見た目が変わりません。実際、日本にいる韓国や中国のハーフ女子でも、「いわれるまでまったく気づかなかった」といわれることも少なくないです。なので、ハーフであることを武器にというよりは、日本人の女の子ばかりの風俗店に溶け込みやすいのが強みでしょう。
ただ、ハーフの女の子と遊びたいお客さん相手に稼ぐのは難しくなります。というのも、ハーフの女の子と遊びたいお客さんの多くは、日本人と異なる見た目を目当てにしています。韓国や中国のハーフ女子だと、日本人の女の子とほとんど見た目が変わらないので、お客さんからするとメリットが感じられません。

ハーフの女の子が風俗で働く前の注意点

ハーフの女の子が風俗で働く前の注意点
以下に7つの気をつけたいことについてまとめました。風俗の仕事ができない、稼げない、続かないといった羽目になることがないよう、しっかりと押さえておきましょう。

国籍が日本以外の場合


ハーフの女の子によっては、国籍が日本以外の人もいるかもしれません。日本には風営法と呼ばれる法律があり、風俗店で働けるのは日本に定住、もしくは永住している人と定められています。
また、日本人と結婚している女の子も働けます。いくら日本で長く暮らしている人でも、これらの条件をクリアしていないと風俗店で働くことはできません。採用された場合、そのお店は違法営業の可能性が高いので注意が必要です。

外国のお客さんとのトラブル


日本で長く暮らしているハーフの女の子だと、見た目こそ違えど中身はすっかり日本人の人も少なくありません。そのため、外国人のお客さんにサービスを行う場合、トラブルになってしまうことも考えられます。
日本と海外の国々では、文化も風習も異なります。男性の女の子に対する扱いや、衛生観念なども異なるので、さまざまな不安がつきまといます。トラブルになったときどうすればいいのか、お店のスタッフとしっかり相談しておくと安心ですね。

中高年のお客さんが多いお店ではウケが悪くなりがち


ハーフの女の子需要は高く、実際芸能界でもたくさんのハーフタレントが活躍しています。風俗業界でも、ハーフの女の子を求めるお客さんは多いのですが、その多くは若い男性が中心です。
中高年のお客さんだと、見た目が明らかに日本人と異なるハーフ女子は敬遠されてしまうことがあり、思ったほど稼げないことも。特に、高級ソープや高級デリヘルなどを利用する人で多いのは中高年の富裕層なので、稼ぎにくいことが多いのです。それを考えると、外国人専門風俗のほうが効率良く稼げるでしょう。

老舗風俗店では働けないことがある


長く営業を続けているいわゆる老舗の風俗店だと、トラブルを回避するためにハーフ女子を採用していないところがあります。また、古き良き伝統を守りたい、固定客を大事にしたいと考える老舗店も多く、そのようなお店だと採用されないことが多いです。
どうしても老舗店でないといけない理由があるのならまだしも、そうでないのならわざわざ老舗を選ぶ必要はありません。ハーフの女の子を求めているお店はたくさんあるので、そっちで稼ぎましょう。

嘘のハーフ専門店


ハーフ女子需要の高まりを受けて、近年ではハーフ専門と称した詐欺店も登場しています。実際には、日本人の女の子しか在籍していないのに、ウソの情報でお客さんを呼び込んでいる悪質なお店が実際存在するのです。
このようなお店に在籍してしまうと、ハーフ女子の価値を安売りしてしまうことになります。実際、高待遇とはとてもいえないような条件で働かせるところも。また、ウソをついて集客するようなお店で働き続けていると、摘発などのトラブルに巻き込まれることにもなりかねません。

高級ソープでのマナー


高級ソープに在籍できるのは、限られた一部の女の子。ルックスが優れているのはもちろん、教養やマナーなどを身につけていないと、採用されないことが多いです。
どんなに素晴らしいルックスの女の子であっても、敬語が使えない、マナーを知らないといったことだと、不採用となるでしょう。すべての高級店がそうとは限りませんが、採用される確率は低いと考えられます。

ハーフ専門店のコンセプト


ハーフ専門店はたくさんありますが、近年ではさらに細分化が進んでいます。欧米系のハーフばかりを集めたお店もあれば、南米系だけ、東南アジア系だけ、ロシア系女子だけなど、専門店でもコンセプトがわかれているのです。
そのため、ハーフ専門店で働きたいのなら、お店のコンセプトを理解したうえで面接に応募しなくてはなりません。しっかりリサーチできていないと、門前払いされてしまい時間をムダにしてしまうでしょう。

まとめ

ハーフの女の子は需要があるので、日本の風俗店でもガッツリ稼げます。売り手市場なので、快適に働けるお店もきっと見つけられるでしょう。
ただ、ハーフの女の子ならではのデメリットもあるので、そこは理解しておく必要があります。特にお店選びは慎重にしないと、まったく稼げない可能性があるので注意してください。メリットとデメリット、どちらも理解したうえで、働きやすいお店を見つけてくださいね。