風俗店は、出勤してすぐに必ず仕事があるわけではなく、お客さんからの指名がない女の子は声がかかるまで待機しなければいけません。その際、なるべくほかの女の子と交流したくないと思う人は多く、そのような人には個室待機がいいという情報を見聞きした人もいるでしょう。
しかし、本当に個室待機が良いのか不安がある、確信が持てずにいる人もいるはず。そこで、個室待機とはどんな待機方法なのかや、メリット・デメリット、過ごし方について見ていきましょう。

目次
  1. 1. 風俗の個室待機とは?
  2. 2. 個室待機の風俗店のメリット
  3. 3. 個室待機の風俗店のデメリット
  4. 4. 風俗での個室待機中の過ごし方

風俗の個室待機とは?

風俗の個室待機とは?
風俗未経験の子にとって、個室待機とはどのような状態でどのような場所が提供されるのか、わからないことでしょう。風俗店が用意する待機のための個室は、1種類ではなくさまざまなタイプがあるのです。

女の子の待機場所が個別に用意されていること


個室待機とは、働く女の子が仕事の合間に、お店が用意した個室で待機することです。それに対し、出勤した女の子たち数人がひとつの部屋で待機することを、集団待機といいます。
ほかには、仕事があるまで女の子が自宅にいる自宅待機もありますが、風俗業界では個室・集団のふたつが主な待機方法です。

個室待機の種類


個室待機はお店によって種類が異なります。風俗店にはどのようなタイプの待機場所があるのか、事前に知っておくと便利です。

間仕切りされた空間

個室待機の個室というと、完全に独立したひとつの部屋を想像する人も少なくはないでしょう。しかし、実際は、風俗店が用意した個室の多くは、大きな待機スペースがパーテーションやカーテンなどで間切りされた空間です。
そのため、決して広い空間ではないですが、働く女の子一人ひとりが待機場所を独占できます。
 
プレイルーム

ファッションヘルスなどの店舗型風俗店の場合、使用していないプレイルームを個室待機の空間として使用することが多いです。間切りされた個室に比べると広々としていて、ベッドで休んだり仮眠できたり、快適に過ごすことができます。

漫喫・ネカフェ

デリヘルなどの派遣型風俗店のなかには、事務所近くの漫喫・ネカフェを個室待機の場所として使用するところもあります。この場合、満喫やネカフェの使用料金はお店側が全額、あるいは半額負担というところが多いですが、なかには自腹のお店も。
基本漫喫・ネカフェ待機にしているケースもあれば、待機場所が女の子で飽和状態になったときに使用するケース、集団での待機が苦手な女の子のために、満喫・ネカフェでの待機を特別に許可しているケースもあります。

マンション・アパート

マンション・アパートもデリヘルなどの派遣型風俗店で、待機場所として使われているケースがあります。物件によっては、一棟のほぼ全部の部屋が待機場所になっていることも。
なかには複数の部屋があるファミリー向け物件で、専有の部屋とトイレなどの共有部分がある、シェアハウスのようなスタイルをとっているお店もあります。

個室待機の風俗店のメリット

個室待機の風俗店のメリット
個室待機が女の子と顔を合わせない待機場所の場合、いくつものメリットがあります。

煩わしい人間関係がない


風俗店で働く場合、同じ職場で働く女の子同士が仲が悪くなり、トラブルに発展するケースもあります。
しかし、個室待機の空間が用意されていれば、待機中にほかの女の子と顔を合わせることがありません。嫌なことを言われたり悪口を聞かされたりでストレスがたまらないのが、個室待機のメリットです。

まわりの目を気にせず過ごせる


待機をしているあいだ、自分以外の人と一緒にいると気になって落ち着かないという女の子もいるでしょう。個室待機は完全にひとつの空間を独占できるので、スタッフやほかの女の子たちの目を気にせずに、待機時間をリラックスして過ごせます。

盗難や勧誘被害の心配がない


個室待機であれば自分1人なので、盗難にあう心配がありません。また、働いている女の子のなかには、あやしげな勧誘をしてくる子もいます。
勧誘の内容は、違法営業のお店・マルチまがいのビジネスなどです。個室待機だとほかの人と関わることもないので、勧誘も回避できます。

個室待機の風俗店のデメリット

個室待機の風俗店のデメリット
個室待機はいくつものメリットがある反面、働く女の子のタイプによって、デメリットを感じることもあります。働きはじめる前に、個室待機のデメリットも把握して、個室・集団のどちらが自分に向いているかを考えておくのが、お店を選ぶ際のポイントです。

お客さんを迎える準備をしないといけない


用意された個室がプレイルームの場合、ほかの個室待機の場所と違って広々としていて快適です。
しかし、待機場所であると同時に仕事場所でもあるので、いつでも接客を開始できるようにしておく必要があります。床のごみを拾う・きれいなタオルに取りかえるなどの備品の整理整頓・濡れている箇所を拭くなど、常にプレイルームをきれいにしておくことが大事です。
そのため、女の子のなかには、プレイルームが待機場所だと落ち着かない人もいるかもしれません。
 

半個室だとメリットが少なくなりがち


パーテーションやカーテンで仕切られた半個室の場合、空間は1人で独占できますが、音を遮断することはできません。通話や音楽・動画鑑賞などをしていると、音がうるさくないかほかの人に気を遣います。
また、半個室はひとつの空間を区切った状態なので、狭い空間にずっといるのが苦手な女の子はストレスがたまるでしょう。女の子によっては、狭い空間にいるより、集団待機のほうが開放的で快適と感じる子もいるかもしれません。

待機が長いと時間の使い方に困る


読書をしたりスマホをしたりと、1人の時間を上手に過ごせる女の子であれば、個室での長い待機はそれほど苦にはならないでしょう。
しかし、ひとつの場所にじっとしているのが苦手で、人とのコミュニケーションが好きな女の子だと、狭い空間での長時間の待機は、時間の使い方に困ってしまいがちです。

風俗での個室待機中の過ごし方

風俗での個室待機中の過ごし方
お店に出勤しても、なかなか指名がない場合は、決して短くない待機時間を過ごさなくてはいけません。そのような状況を想定して、事前にどうやって待機時間を過ごすかを考えておきましょう。

仮眠をとる


働いている女の子のなかには、ほかに仕事をやっている・シングルマザーの子もいます。風俗の仕事以外で疲れがたまっていたり睡眠不足だったりすると、お客さんに良いサービスを提供することができません。
指名をくれたお客さんに喜んでもらうためにも、待機時間に仮眠をしてコンディションを良好にしておきましょう。

勉強する


待機時間をただボーッと過ごすのはもったいないことです。指名が来るまでは勉強をして空いた時間を有効に使いましょう。ここでいう勉強とは、学生さんの場合は学業に関する勉強、社会人であれば資格取得の勉強などです。
それ以外では、どうすれば指名がガンガンくる売れっ子になれるか、待機時間を利用して研究してみるのもいいでしょう。お客さんが喜んでくれるコミュニケーションを図るにはどうすればいいのか、ネットで情報収集をしたり本を読んだりするのが、おすすめです。

運動する


狭い個室にずっといると、どうしても運動不足になってしまいます。運動不足になれば健康面だけでなくメンタル面にも悪い影響を与えるでしょう。心身ともに健康な状態で接客するためにも、待機時間は筋トレやストレッチをおすすめします。
腕立てや腹筋・スクワット、ストレッチであれば、個室の狭いスペースでも無理なく行えます。エクササイズ動画を観ながらの運動も効果的でしょう。

趣味を楽しむ


インドア派の女の子であれば、趣味を楽しんで待機時間を潰すのも良いでしょう。ゲーム・漫画や小説の読書・映画鑑賞など、部屋で楽しむのが好きな女の子の場合、趣味のアイテムをいろいろと用意しておくと便利です。

食事をとる


社会人やシングルマザーの場合、時間がなくて食事をとらずにお店に入るというパターンも多いでしょう。しっかりと食事をとらずに空腹のまま働くと、良い接客はできません。食べ物持参で入店して、待機中に食べるのも、待機時間の有効な使い方です。

化粧直しをする


指名が立て続けにあった場合、せっかく仕事前にばっちりメイクをしても、どうしてもメイクくずれが起きてしまいます。
接客が続くと、待機時間は休憩して疲れをとることだけを考えがちですが、仕事の合間の貴重な時間を利用して、化粧直しもしっかりとやるようにしましょう。

写メ日記を作成する


指名客を増やして売れっ子になる方法のひとつは、お店のホームページにリンクされた女の子の写メ日記をまめに更新することです。
お客さんから見て、写メ日記をぜんぜん更新していない女の子は、何かやる気がなさそうに見えて指名しても楽しい接客をしてくれないのでは、という印象を与えます。いつでも楽しげな写メ日記を更新して、「この子は楽しそうな子だな」とお客さんに思ってもらえれば、指名も増えるでしょう。
待機中、ただ時間を潰すのではなく、どんな日記を書けば注目してくれるか、いろいろと思考を巡らせてみるのも、有効な過ごし方です。

まとめ

ほかの女の子やスタッフと顔をあわせる必要のない個室待機は、快適な時間を過ごせると思う人が多いですが、すべての女の子に向く待機方法とは限りません。なかには、狭い空間にずっといるのが苦痛に感じる人もいるでしょう。
大事なのは、自分の性格に個室・集団のどちらの待機方法が合っているか、両方の特徴を比較して自己分析することです。その結果、前者が良いと確信を持てた人は、どんなタイプの個室なのかの条件を含めて、希望に合った求人探しをしてみると良いでしょう。