体の一部のパーツのみを映すパーツモデルは、顔バレが少なく自信のある部分だけ見てもらえるため、秘かに注目を集めている仕事です。企業からの需要も高いので、雑誌や化粧品の広告で見たことがある人も多いかもしれません。これからパーツモデルの仕事をしたい人にとって、どれだけ稼げるのか気になるもの。ここではパーツモデルの仕事内容や稼げるコツを紹介します。
また仕事の危険性についてあらかじめ知っておくことで、もしもの時にトラブルがあっても冷静に対処することができます。パーツモデルの仕事が本当に稼げる仕事なのかさっそく見ていきましょう。

目次
  1. 1. パーツモデルの仕事内容と時給
  2. 2. パーツモデルになるには?
  3. 3. パーツモデルの危険性

パーツモデルの仕事内容と時給

パーツモデルの仕事内容と時給
ここではパーツモデルの仕事内容と実際に稼げる時給の相場を紹介します。より良い条件で働くためには実際の仕事内容を知っておくとスムーズです。自分と相性の良い仕事なのか確認したうえで検討してみてはいかがでしょうか。

パーツモデルとは?


パーツモデルは自分の体の一部分だけを映すモデルの仕事です。一般的なモデルのように全身を映すわけではないため、自信のあるパーツが1つでもあれば仕事をすることができるでしょう。また、パーツによってはモデルほど外見やスタイルの良さが問われないことも特徴です。身バレするリスクも少ないので、副業としてパーツモデルの仕事で稼ぐ人もいます。

主なパーツ


ここではパーツモデルとして写真が撮られる主なパーツを紹介します。パーツによって値段が異なる場合もあるため、自信があるパーツや稼ぎやすいパーツを探してみましょう


手はパーツモデルの中でも最もメジャーな部分ともいえます。ハンドクリームやマニキュア、ネイルといった各広告で幅広く募集されているため、ほかのパーツと比べても仕事が多く見つかるでしょう。手が専門のパーツモデルは「ハンドモデル」と呼ばれることもあり、トップモデルになると安定して稼ぐこともできます。
ハンドモデルは手の甲や指先だけでなく、手のひらや手首といった全体の美しさが求められます。加えて手は体のパーツの中でも特に使用する機会の多い部分なので、けがや日ごろのお手入れには、入念に気を遣うことも特徴です。


レッグモデルと呼ばれることもある足のモデルは、足の長さや形の良さといったいわゆる美脚であることが求められます。撮影の際は足そのものをモデルにする場合もありますが、クライアントや宣伝素材によっては靴下やストッキングといった提供された商品を着用して撮影することもあります。ほかのパーツと比べて範囲が広いため、セルフケアに加えてエステに通ってメンテナンスする人もいます。


女性のイメージを引き立たせる髪のパーツモデルは、シャンプーやトリートメント、ヘアカタログをはじめとした多くの美容業界から需要があります。クライアントによって求められる髪型が異なるため、長さやヘアスタイルを問わず目指すことができるでしょう。宣伝する商品によっては、実際に使用している場面を撮影することもあります。


口元のモデルは口紅や歯磨き粉、飲料品メーカーから需要があります。口を開いて撮影する場合もあるため、唇の色や形だけでなく、歯並びや歯の色まで求められます。モデルによっては白い歯をキープするためにコーヒーやワインのような色がつきやすい食品を控える傾向があります。


コンタクトレンズや目薬などの広告でよく見かける目のモデルは、形や大きさ、まつげの生え方といった要素が重視されます。顔のパーツの一部ですが、撮影時は基本的にほかのパーツが映らないため、特定や身バレするリスクは低いでしょう。カラコンなどの一部の撮影では、実際に装着したうえで写真を撮る場合もあります。

背中

体全体の中でも背中のみを中心に撮影するケースです。ボディソープやボディクリームなどの広告によく用いられ、きめ細やかな肌や美しいスタイルが求められます。背中は自分の目が届きにくいパーツなので、自分でケアをする際は若干難易度が高めなことも特徴です。

バスト

女性ならではのパーツといえるバストは、下着や水着などの広告のほかにも、何も着用せずにヌードモデルとして撮影する場合もあります。製品の広告であれば実際に着用して撮影するため、サイズや形が決められているケースも珍しくありません。そのため、バストの大きさに関係なくモデルを目指すことができるでしょう。
アダルトなパーツなのでもしかしたら恥ずかしいという理由で抵抗を感じる人もいるかもしれません。しかし顔出しはしないので全身で撮るよりも撮影のハードルは低めです。

ヒップ

バストと同じように主に水着や下着メーカーから依頼が来やすいパーツです。ヒップ単体で撮影されることもあれば、足やウエスト周りも含まれるケースもあります。ほかにもおなか周りも撮影されやすいので、パーツモデルの中でも全体的なスタイルの良さが求められるでしょう。

パーツモデルの時給


詳細な時給はパーツや案件によって異なりますが、1回あたりの撮影でもらえる金額は、10,000~50,000円あたりがおおよその相場となっています。あくまで目安なのでもっと稼げる案件もありますが、月に何度も撮影が行われるわけではないため、専業で稼ぐにはいくつか掛け持ちする必要があるでしょう。
ほかにもバストやヒップといったアダルト系の撮影だと、その分もらえる金額も多くなりやすい傾向です。また、下着や水着の着用の有無によっても金額は変わります。顔出しがないので身バレするリスクは低めですが、気になるのであれば、誰の目に触れるのか掲載先を確認しておくと安心です。

パーツモデルになるには?

パーツモデルになるには?
いきなりパーツモデルになろうと思っても、すぐに働くことは難しいでしょう。パーツモデルになるためには、ほかのモデルさんと同じようにモデル事務所に登録する必要があります。実際にパーツモデルとして働いてみたいのであれば、どんな手順が必要なのか確認してみてください。

STEP1:モデル事務所を探す


まずは所属を希望するモデル事務所を探しましょう。事務所によって取り扱うパーツが異なる場合もあるため、自分が希望するパーツを取り扱っている事務所を選ぶのがポイントです。また、審査の有無や登録料の発生といったルールもモデル事務所によって異なります。応募の条件を設けているところもあるため、あらかじめ当てはまっているかどうか確認したうえで申し込みましょう。

STEP2:モデル事務所と契約する


パーツモデルとして事務所と契約するには、専属で所属する場合と登録制を利用する2つの方法があります。どちらの方法にもメリットやデメリットが存在するため、迷っている人やどちらを選んで良いのかわからない人は、それぞれの特徴を踏まえたうえで選んでみましょう。

専属所属制のメリット

1つの事務所で専属契約するメリットとして、いくつかの事務所を掛け持つよりも面倒を見てくれることがあげられます。また、スケジュールの管理もしやすく、事務所によっては売り込みにも力を入れてくれるでしょう。さらに人気のモデルになれば担当のマネージャーがついてくれることもあります。
ほかにも事務所が注力したいモデルになることで、大きな仕事が来やすくなります。パーツモデルとしてたくさん稼ぎたいのであれば、専属で所属することを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

専属所属制のデメリット

一見メリットが多い専属所属制でもデメリットは存在します。いくら大手であっても専属する事務所との相性が悪ければ、思うようには稼ぐことは難しいでしょう。また、事務所の方針と自分が売り出したい方法が合わなければ、仕事を続けていくうえでも大きな妨げとなります。
また、ほかの事務所で仕事が受けられないため、専属の事務所に依頼が来ない限り自分が希望する仕事ができるとは限りません。良くも悪くも事務所との相性が自分の仕事に影響しやすいことが、専属所属制のデメリットといえるでしょう。

登録制のメリット

複数の事務所に登録して活動を行う登録制では、専属で所属するよりも自由に仕事をすることが可能です。また、個人としても仕事を受けることができるため、自分のペースで稼ぐことができます。仕事の選択肢が多いので、自分にとっての最適な仕事が見つけやすいことも特徴です。
ほかにも専属で所属する場合と比べて、登録制のほうが比較的ハードルが低めです。専属モデルの場合は事務所の看板を背負っていることから、事務所から厳しい目で見られますが、個人で管理する登録制であれば、事務所からのプレッシャーも少ないでしょう。

登録制のデメリット

複数の事務所を掛け持ちする登録制の場合、スケジュールは個人で管理する必要があります。もし承諾したスケジュールが被ってしまったといった場合やトラブルがあった際は、基本的に自分の責任となるため注意しましょう。また、専属で所属するわけではないため、事務所が営業やプロモーションを行うことはありません。
もし登録制で働くことを考えているのであれば、専属モデルと比べて選択肢や自由度が高い分、自己責任となる場面も多いということを覚えておきましょう。

パーツモデルの危険性

パーツモデルの危険性
ここではパーツモデルの仕事をするうえで知っておきたい注意点や仕事の危険性について紹介します。実際に働いてみて後悔しないためにも、パーツモデルとして働こうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事量が安定しない


パーツモデルの仕事はモデルの登録者数と比べて、案件数が少ないため安定して稼ぐとなると、一定以上の人気を得る必要があります。また時期や所属事務所によって入ってくる仕事量も異なるため、一般的な仕事のように常に仕事がある状態とはいえないでしょう。
そのため副業も視野に入れておくことも時には求められます。その際は大切なパーツを傷付けない仕事を選ぶようにしましょう。一見華やかに見えるモデルの仕事ですが、安定した収入を得るには苦労や努力が伴います。

パーツの衰えで仕事がなくなる


パーツだけとはいえ、モデルの仕事である以上は美しいままの状態を保つ必要があります。日ごろのケアはもちろん大切ですが、年齢を重ねるにしたがって衰えることは止めることができません。どうしようもない理由とはいえ、見た目が悪くなればその分仕事にも影響が出ます。場合によっては年齢を重ねたパーツの依頼が来るケースもありますが、美しいパーツと比べれば需要は少ないです。
これからパーツモデルの仕事を考えているのであれば、ケアによって日常生活に制約が出るだけでなく、長く続けられる仕事で無いことも覚えておきましょう。

パーツに投資しすぎて赤字になる


パーツを美しく保つためには日ごろのケアが大切ですが、メンテナンスを続ける際にはお金がかかります。そのため頑張って仕事をして得た給料でもすべてが自由に使えるわけではありません。もしパーツモデルの仕事を検討しているのであれば、ほかの仕事と比べて活動費がかかることを踏まえたうえで応募しましょう。
また自分で営業をかけるのであれば、宣伝用の写真や資料を用意するケースもあります。その際の費用は自分で払うことがほとんどです。ほかにもオーディションの参加費や交通費なども基本的には自腹となるため、活動を続けるにはある程度お金がかかることを意識しましょう。

詐欺・悪徳事務所に引っかかる


パーツモデルを扱う事務所の中には、事務所側が有利になるような条件ばかりを提示する悪徳なものも存在します。場合によっては詐欺となるケースも存在しますので、こうした事務所によるトラブルに巻き込まれないようにどんなケースがあるのか確認しておきましょう。

高額な登録料・レッスン料

事務所への登録には登録料が発生しますが、悪徳な事務所の中には高額な金額を提示して支払いを求めるケースも存在します。登録料の金額は事務所によって異なるため、これから働く人や相場がわからない人は特に注意してください。
また、レッスン料と称して登録後も高額な費用を請求されるトラブルもあります。そのため後から問題が起きる前にあらかじめ事務所の情報を調べてから検討しましょう。レッスンの有無については、面接時に確認しておく方法もあります。

ダミー求人

悪徳な事務所が提示する求人情報の中には、そもそもパーツモデルを採用する気のないダミー求人が存在します。このようなダミー求人では、パーツモデルの面接と称して風俗の仕事やAV撮影の勧誘が行われているのです。もし知らずに応募してしまったら無駄手間になるだけでなく、トラブルに巻き込まれるリスクもあります。
もし応募するのであれば、信頼できる求人先なのかをよく確認したうえで申し込みましょう。事務所に所属するモデルや実在する住所なのか見ておくと最低限のリスクは回避できます。

まとめ

体の一部分のみを映すパーツモデルであれば、顔や全体のスタイルに自信がなくても、モデルとして活躍することができます。また身バレするリスクも低いので副業としてもおすすめです。パーツによって撮影費用の相場や需要が異なるので、稼ぎたい人は複数のパーツモデルを検討してみてはいかがでしょうか。
また、事務所に所属することで活動の幅を広げることができます。所属の仕方によって働き方法も異なるので、自分に合った所属方法を探してみてください。パーツモデルを募集する事務所には、悪徳なものもあるため、トラブルに巻き込まれないよう信頼できるか確認したうえで申し込みましょう。