風俗業界では風俗の仕事やめた後に再び戻ってくる「出戻り」と呼ばれる行為があります。出戻りの原因は一つだけではなく、理由もさまざまです。一度風俗の仕事を辞めた人にとって、もう一度出戻りをするには、どのようなことを気を付けたらいいのか悩む人もいるかもしれません。
その際はあらかじめ理由や原因について把握しておくと、スムーズに働くことができます。出戻りの理由や戻る際の注意点について見てみましょう。

目次
  1. 1. 風俗業界の出戻りは意外と多い
  2. 2. 出戻りする方法
  3. 3. 出戻りする際の注意点
Qプリ

風俗業界の出戻りは意外と多い

風俗業界の出戻りは意外と多い
期間や目標金額を決めて働く子もいるなかで、「出戻り」をする女の子は意外と多いです。一度やめてしまうと出戻りが難しい仕事もありますが、風俗業界に限っていえば出戻りの女の子であっても歓迎してくれます。

出戻りが多い理由とは


風俗で働いていた女の子が出戻って来るのには、決してネガティブな理由だけではありません。どうして一度やめたのに戻ってくるのか理由について見てみましょう。

他の仕事に比べて楽に高給が稼げる

風俗の仕事は、他の仕事に比べて短期間で高給が稼げることが特徴です。そのため、風俗の世界から引退して一般的な仕事に就いても、仕事の負担に比べてと給料が安いと感じてしまう女の子が多くいます。
また、仕事のモチベーションが上がらずに、再び風俗の世界にもどってしまうケースも。一度風俗業界の高い給与を体験してしまうと、なかなか元の金銭感覚に戻ることは難しいのが実情です。

面倒な人間関係が少ない

風俗の仕事は、基本的にお客さんと一対一で過ごします。多少は店舗のスタッフさんや他の女の子の付き合いもありますが、基本的に人間関係に気を使う機会は少なめです。
しかし、一般的な職種では複数の人間と一緒に仕事をするケースがほとんどです。そのため、風俗業界ではあまり気にしなかった人間関係も重視されます。風俗で働いていた女の子の中には、そのような人間関係が嫌になって出戻る人も多くいます。

自分のペースで働ける

風俗の仕事は、基本的に自分のペースに合わせて出勤日を決めることができます。そのため、自分の体調や稼ぎたいかどうかでスケジュールが組めて時間にも融通が利きます。
そのため、風俗以外の仕事をした際に自分の気分や好きな時に休めないことに不自由を感じることも。また職場によっては有休がすぐに使えないところもあります。そのため自分のペースで生活したいことが理由で風俗に出戻るパターンも存在するのです。

風俗の仕事に抵抗がなくなった

風俗の主な仕事は男性の性欲処理をするため、仕事を始める前は自分のやってることに対して抵抗を感じる人も少なくありません。しかし、業務をこなしていくうちに、すっかり自分のやっていることに慣れてしまい、高収入や待遇の良さに魅力を感じてしまうパターンがあります。
風俗をやめて他の仕事に就いたとしても、以前と比べて物足りなさを感じてしまうことも出戻りとなる主な理由として挙げられます。

お店のスタッフやお客に優しくしてもらえる

以前の仕事が上手くいかなくても、風俗の世界で人気になれる可能性はあります。仕事が遅い・人間関係がうまくいかないといったスキルは、風俗業界においてそれほど大きな要素ではありません。
加えて実力重視な風俗業界では、スタッフやお客さんがみんな優しくしてくれるため、場合によっては居心地がよいと感じる女の子もいるほどです。風俗の仕事で人気になった女の子は、一度やめたとしても元の居心地の良い風俗業界へ戻りたいと考えるケースがあります。

金銭トラブルややむえぬ事情

風俗業界で働く理由のひとつに、借金などの金銭トラブルが挙げられます。一度風俗の仕事を辞めたとしても、何かしらの事情で借金や金銭トラブルを抱えてしまったら、普通の仕事だけで解決することは難しいでしょう。そのため、仕方なく高収入が得られる風俗に世界に入る場合もあります。

おしゃれしやすい

一般的な会社によっては、髪を染めたりネイルが禁止されている企業もあります。しかし風俗の仕事であれば、服装以外のおしゃれに関して基本的に自由なのでおしゃれも楽しめます。
しかしお店によって細かなルールが異なるため、面接時や求人情報で確認しておくと後からトラブルがなくスムーズです。

風俗の出戻りは歓迎されやすい


風俗の世界は、人の出入りが激しい業界です。そのため、ほとんどのお店では常に新しい人材を募集しています。新人は初々しくてお客さんからも人気あるという反面、育成に時間やコストがかかりがちです。
しかし、出戻りの場合は、経験者なので一から仕事を教える必要がなく、入店してから即戦力となることが可能です。そのため、度のお店でも出戻りの女の子は基本的に歓迎されます。

出戻りする方法

出戻りする方法
風俗業界への出戻りをするにはいくつか方法があります。もし出戻りを検討しているのであれば、あらかじめ頭にいれておくと役に立つかもしれません。どのようなパターンがあるのか見てみましょう。

以前働いていたお店に連絡する


出戻りをする際に最も早いのは、前に働いていたお店に連絡することです。以前の職場であれば、顔なじみのスタッフや常連客も残っているかもしれないので、話がスムーズに進みやすく、お店によっては「おかえり」と歓迎されるパターンもあるでしょう。
しかしトラブルがあって辞めた場合はその限りではありません。もし同じ職場で働きたいと希望しているのであれば、まずは謝罪が必要です。一度失った信用を取り戻すことは簡単なことではないので、ダメもとでお願いする気持ちで臨みましょう。
 

新たに求人を探す


前のお店で働くのに抵抗があれば、新たに求人を探す方法が挙げられます。また以前やっていた業種ではなく、違う業種にチャレンジしたい場合もおすすめです。気分を一新して初体験の仕事をしてみるのもいいかもしれません。

風俗の業種の選び方については、他のページでも詳しく説明しています。参考にしてみてください。

業種もジャンルも多くて分からない!風俗店の選び方ガイド

出戻りする際の注意点

出戻りする際の注意点
風俗業界では基本的に出戻りが歓迎されますが、決して良いことだけではありません。トラブルを避けるために、出戻りをする前にはあらかじめ注意点把握したうえで連絡するようにしましょう。

NGにしていたお客さんに気を付けよう


風俗のお客は基本的に女の子に対して優しく、紳士的に接してくれる人が多いのですが、なかには強引に本番行為を迫ったり、ストーカー行為を働く人もいます。もちろんそのようなお客さんは出禁扱いです。
しかし、風俗業界は広いようで狭い世界なので、過去に出禁となったお客さんと再会するリスクもあります。特に別店舗で出戻りした時に起きやすいトラブルです。もし何かあったらすぐスタッフに報告しましょう。

トラブルがあってやめた場合は態度を改める


以前、風俗で働いていたとき、自分の勤務態度に原因があって辞めさせられたというケースもあります。もし、トラブルなどが原因でそのような経験をしていた場合、自分の態度を改めることが必要です。
過去にスタッフやお客さんに失礼な態度をとった、無断欠勤や遅刻などを繰り返したことが原因でやめることになった場合は、今後もそのようなことがないように、常識を守って仕事をするようにしましょう。

健康面のリスクが高まる


風俗は身体に負担のかかる仕事です。そのため、出戻りを繰り返していると体調不良や他の職種では起こらない性病のリスクが高まりやすくなります。
いくら簡単に高収入を得られるとはいえ、何度も出戻りをしていると、健康面に悪い影響を与えるため、出戻りをするなら、女の子の安全に力を入れている店舗を選ぶようにしましょう。

再び金銭感覚が狂わないように注意する


風俗の仕事で得たお金が原因で金銭感覚がおかしくなることは珍しくはありません。そのため、風俗の仕事を辞めたあとも、金銭感覚が戻らないまま生活してしまうことがあります。一度上がった生活の質を落とすのは、なかなか難しいというのが実情です。
もし、そのような失敗を経験して出戻りをする場合、同じ失敗を繰り返さないように収入と支出のバランスをしっかりと把握して計画的にやりくりする必要があります。
金銭感覚が狂ったままですと、せっかくまた稼いでもすぐに使ってしまうので、お金のない状態が続きがちです。もう一度繰り返さないためにも根本的に直すようにしましょう。

体入荒らしや転々虫は行わない


風俗の世界では新人が人気ということを知って、新人期間のみ店舗に所属していくつもの店舗を渡り歩く「体入荒らし・転々虫」がいます。
「体入荒らし・転々虫」は禁止行為となっており、何度も繰り返していると業界の間で噂になってどこの店舗でも雇ってくれなくなります。そのため出戻りの際はある程度働いたうえでお店を変えるなど、工夫しておくとトラブルも防げるでしょう。

体験入店や本入店については下記ページで詳しく解説しています。これから出戻る人や気になる人はこちらも参考にしてみてください。

風俗でよく聞く「本入店」とはどういう意味?体験入店との違いは?

まとめ

風業界の出戻りは、経験者ということもあり多くの店舗で歓迎されます。しかし、メリットだけでなく注意点もあるので、もし戻ろうと考えているのであれば、リスクを踏まえたうえで連絡するようにしましょう。
同じお店で働くことも可能ですが、新しい挑戦として違うお店で働く子も多くいます。自分に合ったお店を見つけて以前よりも稼いでみてはいかがでしょうか。その際は新たに求人情報をチェックして、気になるお店を見つけてみましょう。