風俗の仕事をするうえで新たに部屋探しをする人は多いもの。しかし部屋を借りるには保証会社の審査を受ける必要があります。加えて風俗をはじめとした夜の仕事は、一般的な仕事と比べると審査が難しい傾向です。ここでは審査が厳しい理由と審査に通りやすくなるためのポイントを紹介します。新天地で安心して働くためにも、引っ越しを検討している方はぜひ確認してみてください。

目次
  1. 1. 風俗嬢が保証会社の審査に通りにくい理由
  2. 2. 審査を通すためのポイント
  3. 3. 審査がやさしい保証会社を選ぶには
Qプリ

風俗嬢が保証会社の審査に通りにくい理由

どんなに住みたい部屋を見つけたとしても、保証会社の審査をクリアしなければ入居することできません。もちろん風俗の仕事をしている場合も同様に審査を受ける必要があります。しかし風俗の仕事は人によってたくさん稼ぐことができるものの、一般的なイメージとしては安定した収入が稼ぎにくい仕事と考えられがちです。そのため、保証会社の審査は通りづらい傾向があります。
また、会社側からしても一度入居すれば毎月決められた家賃を払ってもらう必要があるため、収入が不安定で滞納される事態は避けたいもの。さらに風俗業界の離職率が高いことやトラブルの巻き込まれやすさといったイメージもマイナス要素として審査に影響を与える可能性もあるのです。

審査を通すためのポイント

もちろん風俗の仕事をしていても保証会社の審査を通すことは可能です。ここでは審査に通るために抑えておきたいポイントをいくつか紹介します。今まで審査に通らなかった経験がある方やこれから保証会社の審査を受けようとしている方は、参考にしておくと希望の部屋にも入居しやすくなるでしょう。

水商売OKの物件を探す


部屋によっては水商売のような夜の仕事をしていても問題なく審査が通せるケースもあります。こうした情報は不動産サイトだけでは判断しにくいものですが、繁華街や街中に近いエリアであれば、夜の仕事をしている人も多いため、審査が通りやすい物件も見つけやすい傾向です。
また、同じように夜の仕事をする人が主に住んでいる部屋であれば、生活リズムの違いが原因となる近隣トラブルに遭遇する可能性も下げられるでしょう。同じエリアでも不動産会社によって物件の取り扱いが異なるため、気になる方不動産会社に相談してみてはいかがでしょうか

家賃が安い物件から探す


借りる部屋の家賃が高くなれば、その分月々の支払いが難しくなるので、審査の基準も厳しくなりがちです。そのため、審査を通すことを第一に考えるのであれば、家賃が安めの物件を選ぶこともおすすめな方法といえます。そのためお金に余裕がある場合でもまずは手ごろな家賃の部屋を探してみてはいかがでしょうか。
また物件を探す際は高くても8万円くらいの家賃までに抑えておくと、比較的審査もやさしくなりやすい傾向です。そのため風俗の仕事をしていても審査に通りやすくなるでしょう。

保証会社不要の物件から探す


保証会社の審査がネックに感じる方は、そもそも保証会社を利用しなくても借りられる物件を選ぶこと方法もおすすめです。不動産会社が取り扱う物件によっては、保証会社を利用せずに連帯保証人の確保だけで借りることできます。
ほかにも不動産会社との相談次第では、通常は必要な保証会社を利用せずに契約を進めてもらえる可能性もゼロではありません。保証会社を利用しない物件は不動産会社によって扱いが異なるため、もし探すのであれば相談前にあらかじめ伝えておきましょう。

審査に強い不動産会社を選ぶ


同じ条件や物件であっても、不動産会社の説明次第では審査に大きく影響を与えます。そのため、これまでに風俗の仕事をしている方の審査を通してきた不動産会社であれば、通常よりも有利に審査を進めてもらうこともできるでしょう。もしどんな不動産会社を選んだらよいのかわからない場合は、お店近辺のエリアや働くお店に聞いてみるのも方法です。
また、不動産会社側で審査を通すことはできませんが、落ちにくい方法を提案してもらうことは可能です。そのためただ風俗で働くという情報よりも、いつからどこで働くということを伝えることで、より具体的に話を進めることができます。加えて滞納歴がある場合も併せて伝えておくとスムーズです。不動産会社からしても住むタイミングやどのエリアで部屋を探しているのかわかるため、できる限り細かく伝えるようにしましょう。

昼の仕事を始める


夜の仕事がネックになって審査が通らない場合は、思い切って一時的に昼の仕事を始めることも方法の一つです。アルバイトでも申請はできますが、派遣会社に登録をすると審査でも比較的問題なく通りやすくなります。また大手の風俗店のような複数の会社を経営している場合は、系列会社の社員やスタッフとして在籍することで審査を通す方法もあります。

風俗関係者がオーナーの物件を探す


物件の中には風俗業界の関係者がオーナーの場合もあります。場合によってはお店と提携して不動産事業を行っている場合もあるため、部屋探しに悩んだらお店に相談するのもおすすめです。また直接提携していない場合でも、ある程度融通が利いてくれるところもあります。その際は面接時や問い合わせの時にお店へ聞いておくようにしましょう。

代理契約をしてもらう


契約の名義を自分ではなくほかの人にお願いする方法です。家賃の支払いが自分ではなくなるため、風俗の仕事をしていても審査が通りやすくなるメリットがあります。代理人は親族に頼む方法が一般的ですが、働いているのがバレたくない場合は難しいかもしれません。場合によっては親族以外の人にお願いすることも可能です。

預貯金で審査する


もし貯金がある場合は、これまで貯めた貯金額を通じて審査を通すことができます。これは仕事を途中でやめてしまっても、ある程度の貯金があるので家賃の支払いが可能なことを証明できるからです。ただし預貯金額には厳しい条件があり、契約したい家賃の24か月分以上の貯金が必要となります。加えて金額を満たしていても必ずしも通せるわけではないため、あくまでも方法の一つとして覚えておきましょう。

アリバイ会社は使用しない


働くお店によってはアリバイ会社として、風俗店で働いていることがバレにくい社名を使用することができます。しかしこの会社名は賃貸契約の申請用ではないため、保証会社に審査してもらう際に使用することは避けた方が無難です。万が一使用してしまった場合は、契約のトラブルに発展するリスクもあるため、アリバイ会社の名前が使用できる状態でも別の方法で審査を受けるようにしてください。

普通に審査をしても通るケースはある


通常の審査は、一般的な仕事をする方よりも風俗の仕事をする人の方が通りにくいだけなので、実際に審査を受けても契約に進める可能性がゼロではありません。その際は確定申告や課税証明書の提出を求められる場合もありますが、単純に風俗の仕事をしているからといって、普通の仕事の人と同じ部屋には住めないことはないのです。

審査がやさしい保証会社を選ぶには

保証会社によって審査の通りやすさは異なります。ここでは審査がやさしいとされる保証会社の特徴や選び方をご紹介。注意点についても解説しますので参考にしてみてください。特に同じ不動産会社であっても複数の保証会社を取り扱っている場合があるため、これから紹介する特徴を踏まえたうえで探してみてはいかがでしょうか。特にこれから風俗の仕事をしようか迷っている方は必見です。

独自の基準を持った独立系の保証会社を選ぶ


賃貸の保証会社は大きく分けて信販系と独立系の2つに分けることができます。信販系の特徴は、ほかの企業と共通した基準によって審査を行い、ローンやクレジットカードの履歴をはじめとした信用情報を参照します。そのため、過去に多重債務や自己破産経といったブラックリストに載っている方は、その分審査も通りにくくなる傾向です。
一方独立系の保証会社は、信販系の会社とは関係なく独自の審査基準を持っていることがほとんどです。したがって信販系と比べるとある程度審査に融通が利きやすく、風俗の仕事をしていても問題なく通りやすい傾向があります。もしどちらかの保証会社を選ぶべきか迷った場合は、独自系の保証会社にすると希望の物件に住みやすくなるでしょう。

カード会社を取り扱う大手の信販系保証会社には注意


信販系の保証会社の中には、親会社や提携会社がクレジットカードを取り扱っているケースも多くあります。そのため、過去にクレジットカードの査定に落ちてしまった方の場合は、賃貸契約も同様に通りにくくなりがちです。カードの審査が落ちたからといって必ずしも通らないわけではありませんが、審査を受ける際に可能性が低いことは明らかですので、避けておくのが無難でしょう。

保証会社は入居者側から選べない


保証会社は不動産会社や大家さんによってあらかじめ決めているため、契約者側で自由に選ぶことができません。したがって審査が比較的やさしい独立系の保証会社が希望であれば、審査が不安なことを事前に不動産会社に相談しておくと、保証会社で物件を探すうえでスムーズです。不動産会社も契約してもらえるように、ある程度配慮した部屋を提案してくれるでしょう。

まとめ

保証会社の審査に落ちやすいとされる風俗の仕事をしていても、ポイントを抑えることで審査に通る可能性を上げることが可能です。もしこれから部屋探しを行うのであれば、今回紹介した内容をもとに探してみてはいかがでしょうか。また、不動産会社によって取り扱う保証会社は異なります。場合によっては複数の保証会社と提携していることもあるため、審査が不安であれば事前に相談してから探すようにしましょう。