手軽にできそうなテレフォンレディの仕事を、副業にしてみたいと考える女の子は多いもの。しかし、どんな仕事なのか、本当に稼げるのか、アダルトなこともするのか、などテレフォンレディに対する疑問もありますよね。この記事では、テレフォンレディが副業に向いている理由や稼ぐコツも踏まえて、テレフォンレディの仕事の全体像を説明します。

目次
  1. 1. 副業するならテレフォンレディ!どんな仕事か知ろう
  2. 2. テレフォンレディが副業に向いている理由
  3. 3. テレフォンレディを副業にして稼ぐコツ
Qプリ

副業するならテレフォンレディ!どんな仕事か知ろう

副業するならテレフォンレディ!どんな仕事か知ろう
テレフォンレディがお客さんと通話をする仕事だということは、想像がつくかもしれません。しかし、副業としてテレフォンレディの仕事をするなら、もっと詳しい仕事内容を知っておく必要があります。副業への第一歩としてどんな仕事があるのか見ていきましょう。

お客さんとの通話が仕事


名前からも想像できるように、電話の向こうにいるお客さんと通話をして、楽しんでもらうのがテレフォンレディの役目です。お客さんはほとんど男性ですが、直接会ったりすることはありません。
話をするだけでお給料をもらえるので、副業をしたいと考えている女の子には、人気のある仕事です。ただし、実際にテレフォンレディで稼げる女の子は、お客さんとの会話を盛り上げる話術やテクニックを駆使することが求められます。リピーターを増やすためにお客さんの情報を暗記するなど努力をしていることも覚えておきましょう。

テレフォンレディにはノンアダルト、アダルト、伝言メッセージ型がある


テレフォンレディにはノンアダルト、アダルト、伝言メッセージの3つのスタイルがあります。それぞれのスタイルによって仕事の難易度や会話の内容、始めやすさなどが変わるので、どんな違いがあるのか見ていきましょう。

ノンアダルトテレフォンレディ

アダルト系の会話がなく、最近の出来事やニュースや趣味の話、仕事の愚痴など普通の日常会話をするスタイルです。
テレフォンレディ未経験の女の子は、「お金を払ってまで、電話で普通の話をしたいものなのかな?」と疑問に思うかもしれません。しかし世の中には見ず知らずの誰かに話を聞いてもらい、癒されたいと思っている男性もいるのです。
アダルトな話題がない分、副業として働く女の子の精神的な負担は軽いでしょう。しかし、男性を魅了するにはトークスキルや癒し系の雰囲気などテクニックが必要になります。

アダルトテレフォンレディ

日常会話もしますが、アダルト系の話が通話のメインとなるスタイルです。男性の中には、女の子とエッチな会話をすることで興奮する人もいます。そういった人に対して、電話をかければ女の子とエッチな話ができるアダルトテレフォンレディは需要があるのです。
中には直接会ってエッチなことができそうな女の子を探すために、テレフォンレディを利用する人もいます。しかし、アダルトテレフォンレディの仕事は通話なので、お客さんと会う必要はありません。

具体的な会話の例は以下の通りです。

  • 今日はどんな下着履いてるの?
  • 最後にHしたのはいつ?
  • どんなプレイが好き?
  • オナニーは好き?


電話はお互いの顔が見えない分、お客さんも自分の言葉遣いに気を配らなくなる事もあるかもしれません。ノンアダルトのテレフォンレディと比べると、精神的な負担は大きいですが、上手な切り替えしやスルースキルを身につけると、単価が高い分、稼げる金額も高くなるでしょう。
伝言メッセージ型テレフォンレディ

お客さんと電話で直接お話しせず、自分宛に吹き込まれた伝言メッセージに対して、自分の声を録音してメッセージを伝えるスタイルです。
電話とはまた少し違った連絡方法なので想像しにくいかもしれませんが、留守番電話を使ってメールをするようなイメージです。
伝言メッセージ型は、メッセージ1件〇円という形で報酬が発生します。そして、女の子もお客さんも自分が好きなタイミングで伝言を残すので、高収入には繋がりにくいでしょう。しかし、リアルタイムでお客さんと話す必要がないので、コミュニケーションが苦手な女の子でもはじめやすい仕事といえます。

テレフォンレディには在宅と通勤がある


テレフォンレディは、会社へ通勤するだけでなく、自宅で働くことも可能です。在宅勤務と通勤勤務にはどのような違いがあるのか見ていきましょう。

在宅テレフォンレディ

募集しているテレフォンレディの会社に応募・登録し、自分の家でテレフォンレディの仕事ができます。
在宅テレフォンレディの大きな魅力は、出勤時間が無くなる点です。副業としてテレフォンレディを考えている女の子は、すでに1日の数時間は本業に使っていることでしょう。さらに、テレフォンレディをするために出勤するとなれば、1日のスケジュールはハードになります。
在宅なら家にいながら、決められた時間、もしくは自分が好きな時間にテレフォンレディの仕事を始められるので、効率よく時間を使えます。まさに副業にぴったりな働き方といえるでしょう。
しかし、在宅だと周りにスタッフがいないので、業務面でのサポート面に不安が残るかもしれません。そこは、各会社電話でのサポートなどでカバーしてくれますが、通勤には少し劣る部分です。

通勤テレフォンレディ

普通のお仕事と同じように、会社に出社してテレフォンレディの仕事をします。
通勤の場合は、勤務先に個室のチャットブースが設けられているケースが多く、必要な電話、備品などがすべて備わっています。家には家族がいて、在宅で落ち着いて電話をする環境が用意できない女の子や、手厚いサポートを期待する女の子におすすめのスタイルです。
ただし、会社に行く以上、通勤する時間が必要になるので、副業として働く場合に時間を捻出してまで通勤するべきか、在宅で時間を効率よく使うべきかは、女の子によって変わってくるでしょう。

テレクラとの違い


テレフォンレディは、テレクラのように男性と直接会うことはありません。テレフォンレディについて調べていると、テレクラという言葉が目につくかもしれません。どちらも「テレ」の言葉がつくので、なんとなく同じ仕事内容に感じるかもしれませんが、実際は違います。
テレクラもテレフォンレディと同じように男女が電話で会話をしますが、電話をしてお互いの希望が一致する人を探した上で直接会うのが目的です。テレクラを利用する男性の多くは、女の子との肉体関係を望みます。また、テレクラで働く女の子も援助してくれる男性を求めることが多いです。
テレフォンレディでも、男性があわよくば直接会える女の子を探していますが、働く側の女の子は男性と会わずにあくまで電話の中だけで関係を完結させようとします。テレクラのシステム自体が少なくなっていますが、念のため違いを覚えておきましょう。

テレフォンレディが副業に向いている理由

テレフォンレディが副業に向いている理由
テレフォンレディは、本業が忙しい、思ったように稼げないなどの悩みを抱える女の子でも、副業としてはじめやすい仕事です。副業としてのおすすめポイントを、ピックアップしてみました。

空いた時間に働ける


在宅型のテレフォンレディは、1日の労働時間や稼働日が決められていないので、生活の中で空いた時間に仕事ができます。通勤型の場合でも出勤に融通を利かせてもらえるので、自分の予定の中で空いた時間に出勤して働けます。
たとえば、在宅型なら家事の合間のちょっとした時間で働くことができます。そのため通勤型なら仕事が終わった数時間、または本業が休みの日にまとめてがっつり働くといった形が最適です。
副業を選ぶうえで大切なのは、どれだけ本業の時間を邪魔せずに済むかがポイントです。その点テレフォンレディは、女の子の副業にぴったりな仕事だといえるでしょう。

ノルマがない


在宅型のテレフォンレディは、登録会社に1日の勤務時間や売上目標を指定されることはありません。自分が希望する時間、目標とする報酬分だけ働けば大丈夫です。たとえ本業の忙しさがピークで残業が増えたときでも、ノルマがないので休んでも問題ありません。もちろん無断欠勤ではなく、あらかじめ休むことを伝えてください。
ただし、通勤型だとチャットルームの部屋代や光熱費、人件費などがかかる分、次のようなノルマを用意しているケースもあるようです。

  • 勤務日数
  • 出勤時間


ノルマの厳しさは登録会社によって違うので、通勤型を選ぶときは最初に本業のことやノルマについて相談すると安心です。

誰でもすぐにはじめられる


テレフォンレディの基本の仕事は、男性と電話で「話す」ことです。より高い報酬を得るためには、お客さんの会話にしっかり反応する、喜んでもらいやすい言葉を選ぶ、お客さんとの通話内容をメモし次回に活かすといった工夫が必要です。
しかし、日常会話さえできる女の子なら、誰でもはじめられるので安心してください。また特別な資格を取る必要もありません。環境が整っている通勤型はもちろん、在宅型の場合でも特別な機材は不要で、スマホさえあればOKです。

在宅で仕事ができる


通勤型だけでなく、在宅型を選べるのもテレフォンレディの大きな魅力です。本業だけでなく、副業でも通勤が必要となれば、1日の中で通勤に使う時間ばかりが増えてしまい、思うように稼げないこともあるかもしれません。しかし、在宅で仕事をすれば通勤時間はかかりません。浮いた通勤時間をテレフォンレディの仕事時間に充ててさらに稼ぐもできます。

高収入


テレフォンレディの時給は、1800円~4000円くらいが相場です。報酬は、お客さんとの通話1分あたり〇〇円という形で決められるのが一般的となっています。1時間の中でお客さんと電話をしていない時間があれば、その分報酬は減ってしまいます。
それでも、テレフォンレディの需要は高いので、真面目に働けば普通のアルバイトをするよりも、高収入を得られるでしょう。中には副業としてはじめたら、気づいたころには本業の収入を超えていたケースもあるようです。

身だしなみを気にせず働ける


出勤が必要な仕事やお客さんを相手にする接客業のように、わざわざ仕事のために身だしなみを整える必要がありません。なぜなら、電話をしている姿は、お客さんに見えないからです。メイクやヘアセットなどの身だしなみを整えるのに、時間がかかりがちですが、テレフォンレディなら、そんな面倒を感じずに稼げます。

身バレのリスクが低い


仕事をする上でお客さんに自動的に伝わる情報は、女の子の声だけです。プロフィールには、本名や実年齢を掲載する必要がありません。通話の中で「どこに住んでるの?」「LINEのアカウント教えてよ。」というように聞いてくる男性もいますが、そこは女の子側がうっかりしない限りは上手にかわせるでしょう。
どうしても高い収入を得られる仕事は身バレのリスクが高いですが、テレフォンレディは収入の高さのわりに身バレのリスクがかなり低めです。特に本業がある女の子にとっては、副業をはじめやすい大きなポイントとなるでしょう。

お酒を飲む必要がない


女の子の副業として、選択肢に入りやすい仕事のひとつがキャバクラです。しかし、キャバクラだと接客をするうえでお酒を飲むことが多く、女の子によっては二日酔いで翌日の本業に支障が出ることもあります。
しかしお客さんと通話するだけのテレフォンレディなら、わざわざお酒を飲む必要がないので、本業に支障を出さず健康的に稼ぐことが可能です。

シングルマザーでもやりやすい


小さな子どもを抱えるシングルマザーにとって、本業のみならず副業でも外に出て働くのは現実的に難しいでしょう。そんなシングルマザーでも、在宅型のテレフォンレディなら、安心して働けます。
電話をしないといけないので、子どもが起きている時間などは避ける必要があります。しかし、子どもが寝ている時間、子どもが保育園や小学校から帰ってくるまでの隙間時間を上手に活用することで、外に出て副業をするよりも高い収入を得つつ、子どもを一人にする時間も減らせるでしょう。

スクショや録画のリスクがない


女の子に人気の副業の中には、「ライブチャットレディ」という仕事もあります。これは、お客さんとビデオ通話をするものです。電話のみで通話するテレフォンレディの上位版と考えるとわかりやすく、報酬もライブチャットレディのほうが高めです。
しかし、ライブチャットレディはお客さんに、通話中の画面をスクショや録画されるリスクもあります。実際に、ネット上に投稿されてしまっているスクショ画像や録画動画が確認できます。当然、こういった行為は身バレに繋がりますし、一度流出したら全てを削除することは難しいでしょう。
テレフォンレディならスクショや録画される心配はないため仕事をするうえでのリスクは少なめです。

家族がいてもできる


「家族と一緒に住んでいるから、テレフォンレディは無理かな。」と諦めてしまう女の子がいるかもしれません。しかし、すでに説明しているとおり、テレフォンレディには在宅型だけでなく、通勤型もあります。
もし働いている会社の近くに、テレフォンレディのルームがあれば、仕事帰りにテレフォンレディの仕事をすることができます。家族に帰りが遅いことを心配されても、残業や友達との食事などと言えば、怪しまれることはないでしょう。

身体を触られない


お客さんとの通話だけで完結するお仕事なので、男性に身体を触られたり、男性の身体を触ったり必要がありません。どうしても「高収入の副業」と考えると、風俗を思い浮かべがちですが、身体の接触に抵抗がある人にとってハードルが高い仕事といえます。
風俗のお仕事までは踏み出せない人にとって、身体を触られないテレフォンレディの仕事は、特におすすめできる副業です。また、身体が接触しない以上、性病のリスクが一切ないのも魅力です。

ビジュアルが問われない


お客さんには、電話をしている顔やスタイルなどのビジュアル面の情報は一切伝わりません。プロフィール欄に写真を掲載するとしても、ぼかしや身体の一部分をアップした写真で大丈夫です。
必要なのは、お客さんを魅了できる声と話術となります。ビジュアルに自信がない女の子でも、ほかの女の子と平等に稼げるチャンスがあるのがテレフォンレディの仕事です。

年齢を気にせず働ける


18歳以下の女の子は働けませんが、働く女の子の年齢に上限はありません。チャットレディでも18~20代前半の若い女の子が人気ですが、働く女性が自分の年齢を多少誤魔化しても相手にバレることは少ないでしょう。
声だけでも相手のおおよその年齢はわかるものなので、さすがに実年齢よりも大幅に若い年齢を言うとバレてしまいます。そこはバレない程度の年齢をいう必要がありますが、ほかの仕事と比べると年齢を気にせず働ける仕事でしょう。

テレフォンレディを副業にして稼ぐコツ

テレフォンレディを副業にして稼ぐコツ
副業成功の鍵は、いかに短時間で効率よく稼げるかが大切です。しっかり稼げるテレフォンレディになるためのコツを見ていきましょう。

プロフィールを充実させる


テレフォンレディで最初に大切なのは、お客さんに興味を持ってもらうことです。そうしなければ、電話を指名してもらえませんし、電話も長続きしにくいでしょう。テレフォンレディはライブチャットレディのように動画でのアピールができないので、プロフィールの充実度が重要です。
ほとんどの場合は、登録会社がプロフィールページを用意しているので、項目をすべて埋めるようにしましょう。そして、特にアダルトテレフォンレディをするなら、全体的にアダルト指数が高めのプロフィール内容にするのが大切です。
アダルト目的の男性からすれば、好きな食べ物や趣味だけしか書かれていないプロフィールより、スリーサイズや好きなプレイ、好みの男性のタイプなどが書かれているプロフィールのほうが惹かれやすい傾向です。

お客さんを惹きつけるブログ


会社が用意している女の子が更新可能なブログも、お客さんを惹きつける大きな武器になります。ブログには、ノンアダルトなら日頃の仕事や趣味の話、アダルトなら男性を興奮させるようなエッチな話やセクシーな写真を載せるとよいでしょう。
プロフィールは、いわばアナタの第一印象を決めるもの。そして、第一印象に惹かれたときに、しっかりとブログが更新されていれば、お客さんはよりアナタに興味を持つでしょう。また、こまめに更新していれば、お客さんにもリピートしてもらいやすくなります。

プロフ画像の加工


お客さんにとって、プロフ画像のクオリティも電話をかけたいと思うかどうかの大きな決め手です。やはり、自分好みの顔や美人であれば相手から興味持たれやすい傾向があります。
テレフォンレディは、リアルタイムで顔を見られることはありません。プロフ画像を顔写真にするなら、アプリを使ってしっかり加工しましょう。あきらかにおかしな写真でなければ、相手に疑われることはありません。もし疑われてしまっても、相手がそれを確かめる術は無いのです。

聞き上手になる


テレフォンレディの仕事は、話す力が重要だと思われがちです。確かに、女の子から積極的に話さないといけない相手もいますが、一番大切なのが聞き上手になること!
人は誰かの話を聞くよりも、自分のことを誰かに話し聞いてもらいたいと思うのが普通です。テレフォンレディを利用するお客さんも、多くは自分の話を聞いてもらいたいと思っています

  • 相手の話に相槌をうつ
  • 普段よりも少しオーバーリアクションをする
  • 相手の言葉を繰り返す
  • 話を遮らずに、最後まで聞く


こういったポイントを抑えると、自然と相手は「しっかりと話を聞いてもらえているな。」と感じて、満足度が高くなります。また、満足して心を開いてもらえれば、もっとたくさんの話をしてくれるはずです。たくさん話をしてくれるほど、アナタも会話の中から次の話題を探しやすくなるでしょう。テレフォンレディで稼ぎたいなら、まずは聞く力を磨いてみましょう。

アダルトなトークに対応する


テレフォンレディで稼ぎたいなら、アダルトありの仕事を選ぶのがおすすめです。アダルトありの仕事では、いかにお客さんからのアダルトなトークに対応していけるかが鍵になります。しかしパンツの色、スリーサイズ、今までの男性経験、さまざまな下ネタに対応するのは、はじめは抵抗があるかもしれません。
もし電話で今までの男性経験やパンツの色を答えたところで、こちらが損をすることは無いでしょう。思い切って「テレフォンレディもれっきとした仕事!」と割りきると、アダルトなトークにも対応しやすくなるかもしれません。

アイテムを上手く使う


アダルトテレフォンレディでは、単なるアダルトトークだけでなく、電話での疑似Hを求められることもあります。このとき、喘ぎ声だけだと男性はシラケてしまうので、次のようなアイテムを使って、よりリアリティを追求しましょう。

  • チュッパチャップス…フェラの音を再現
  • ガム、スライム…アソコの濡れている音を再現
  • 洗面器、水…放尿プレイの音を再現
  • バイブ、電マ…オナニーなどのシチュエーションを再現


男性に「オナニーをして。」「今から挿入するね。」と言われたからといって、実際に行為をする必要はありません。バイブや電マを使っていかにもオナニーをしている音を出したり、マイクの傍でガムの音を立て、アソコが濡れている音を再現したり……。
「相手に音しか伝わらない」というテレフォンレディの特徴を最大限に活かして、最小限の負担でお客さんを満足させられるようにしましょう。

テレフォンレディに力を入れたサイトを選ぶ


テレフォンレディの仕事をするためにはサイトへの登録が必要ですが、このときしっかりとサイトの特徴を吟味しましょう。サイトには「テレフォンレディに力を入れているサイト」と「その他の連絡ツール(ライブチャットやメール)に力を入れているサイト」があります。
テレフォン機能がありつつも、そのほかのライブチャットやメールに力を入れているサイトを選んだ場合、そのサイトのお客さんはライブチャットとメールのどちらかを選ぶことが多いでしょう。なぜなら、ライブチャットは料金が高いかわりにリアルタイムで女の子の姿が見えますし、メールは電話よりも料金が安く済む上に画像や動画も見られるからです。
つまり、そのほかの連絡ツールに力を入れているサイトを選ぶと、そもそもテレフォンレディとして働く機会が少なく、稼ぎにくくなってしまうのです。しかし、テレフォンレディに力を入れているサイト(音声通話に特化したサイト)を選んで登録すれば、そこには電話を目的にしたお客さんしかこないので、稼ぎやすくなります。
サイトに登録する前に、実際にそのサイトがどういった仕組みで稼げるようになっているかチェックすると、どの連絡ツールに力をいれているか判断しやすいでしょう。

まとめ

テレフォンレディは、ノンアダルト型、アダルト型、伝言メッセージ型、さらに在宅と通勤といったように色々なタイプがありますが、基本はお客さんと「通話するだけ」のお仕事です。
資格が不要で、スマホ一台あればはじめられる。普通のバイトよりも稼げるうえに、身バレリスクが少ないといったように、女の子の副業としてはかなり優秀だといえるでしょう。コツをしっかり押さえれば、少ない負担で希望以上の報酬を稼ぐことも可能です。今回の情報を参考に、副業としてのテレフォンレディも検討してみてください。