那覇・沖縄本島の風俗求人

7 件中 1~7 件目を表示

那覇・沖縄本島ってどんな街?

日本の最西端にあり、国内屈指のリゾート地「沖縄県」。
沖縄県は沖縄本島を中心に、160もの島からなっているのをご存知でしたか?

沖縄の中心地であり県庁所在地である「那覇市」は、沖縄本島南部に位置し、人口は30万人を超えています。
那覇市の玄関口となる那覇空港には、国内線や国際線など30以上の路線が就航しており、空港から那覇の中心地までモノレールやバスで10分程度という好立地になっています。そんな那覇市には地下鉄がなく、主な交通機関は那覇空港駅と首里駅を結ぶ那覇都市モノレール線と路線バスとなっています。
リゾーチということもあり、観光客は毎年絶えることなく、特にハイシーズンと言われる6月~9月には全国各地、そして海外からもたくさんの観光客が訪れています。しかも繁忙期には、各航空会社から臨時便が出るほどの人気ぶりです!
那覇市で最も観光客が集まり、お土産の購入場所のメッカにもなっている「国際通り」は、モノレール線の県庁前駅が最寄りで、飲食店やショッピングセンター、市場など地元住民や観光客で溢れ返る那覇市最大の繁華街となっています♪

そんな那覇市の夜の遊び場といえば那覇市内にある「松山」という地域が最も有名で、男性の観光客で訪れたことがないという方はほとんどいないのではないでしょうか?(*^^*)
キャバクラやホストクラブ、風俗店が建ち並んでおり「沖縄の不夜城」なんて呼び名もあるぐらいです!
ソープランドも多数あり、デリヘルや回春エステ、SMクラブなど業種も様々で、地元の人も多いので優良店が多いことでも知られいます。

そしてもう一箇所、那覇市にある「辻」という地域には、戦前まで遊郭(大人の遊び場)があったことから、現在でも風俗街として有名となっている地域があります。風俗街として有名なのは「辻二丁目付近」で、ラブホテルや無料案内所、そして多数のソープランドやデリヘル、店舗型ヘルスが点在しています。
最寄り駅はモノレール旭橋駅で、風俗街があるにもかかわらず、意外にも駅周辺には国税事務所や税務署、外務省沖縄事務所などの重要機関が建ち並んでおり、その他にも自動車学校や、観光客の宿泊をメインとした那覇ビーチサイドホテルなどがあります。

最後は、沖縄県の南部に位置する「宜野湾市」で名の通った風俗街「真栄原(まえはら)」です。このあたりには鉄道が通っていないため、最寄り駅は特になく、車かタクシーでの移動が必須となります。
この真栄原は昔、通称「新町」と呼ばれていました。とはいえ、現在は店舗型として営業している風俗店はほとんどありませんが、このあたりを拠点としたデリヘルが多数営業を行っているようです。

さすがはリゾート地という言うべきか、沖縄の風俗は県内だけでなく、様々な県から多くの女性が働きに来ています。出稼ぎついでに、白い砂浜とエメラルドグリーンのビーチ、美味しい料理に美味しいお酒まで楽しめちゃうなんて最高じゃありませんか?(^^♪