雄琴・草津・滋賀の風俗求人

3 件中 1~3 件目を表示

雄琴・草津・滋賀ってどんな街?

滋賀県の南西端に位置しており、県庁所在地となる「大津市」。
大津市は人口が滋賀県内でもトップで、人口集中地区となっています。
観光スポットとして有名なのが「雄琴温泉」で、ホテルや旅館がいくつも建ち並び、随一の行楽温泉地と言えます。近場には「おごと温泉観光公園」が造られ、緑が美しい芝生の上やベンチに座ってびわ湖を一望することができ、さらに無料の足湯で気軽に雄琴温泉を楽しむことのできる、温泉を活用した憩いの場所となっています♪
また、周辺にも滋賀県立「びわ湖こどもの国」、滋賀農業公園「ブルーメの丘」、琵琶湖畔のウォーターボールや、カヤックやヨットなどのマリンスポーツを体験できる施設も備わっています。

温泉街でも最近は規制が厳しくなり、徐々に衰退する流れが多い風俗も、ここ雄琴には禁止除外区域があるため、ソープランドがとても多いです。ひとつの店舗がとても大きく、ラブホと見間違えそうなお店ばかりで、温泉街から最も遠い位置にある川筋通りに並ぶお店が高級店という暗黙のルールなんかもあったりします。
その他にもピンサロなどの店舗型ヘルスが営業していますが、雄琴を離れると市内ではデリヘルや性感エステの営業の方が盛んとなっています。

そして、大津市とも隣接しているのが「草津市」。
面積としては小さいながらも、こちらも人口集中地区になっています。JRの駅別乗降客数では県内1位、2位の駅も草津市内の駅となっており、『住みよさランキング』でも近畿ブロック第1位を獲得しています!

草津市の名物としては「うばがもち」という和菓子が有名で、戦国ゆかりのスイーツとして知られています。
観光スポットも歴史にちなんだ城跡なども多く残っており、琵琶湖博物館には日本最大級の淡水水族展示室、水生植物公園みずの森では日本最多のスイセンのコレクション、世界最大のスイレン・ギガンテアや熱帯性スイレンが冬でも目にすることができる希少な施設が備わっていることで有名です。

そんな草津市の風俗店についてですが、デリヘルやホテヘルを中心に、性感エステなど数点営業を行っています。デリヘルでは、デートコースを取り入れているお店や路上待ち合わせを行っているお店などもあり、働いている女の子の年齢層も幅広いため、デリヘル志望の方はきっとアナタに合ったお店を見つけられることでしょう(*^^)v