春日部・越谷・草加の風俗求人

21 件中 1~15 件目を表示

春日部・越谷・草加ってどんな街?

埼玉県春日部市に位置する春日部駅。
“東武動物公園” が近いこともあり、観光客の利用者も多いです。
また、東京の新名所 “東京スカイツリー” のある浅草駅とを結ぶ東武スカイツリーラインの停車駅でもあるため、春日部方面から都内に出てくる人も増えたことでしょう。
春日部駅東口には西武百貨店やヤマダ電機があり、西口にはララガーデン春日部やイトーヨーカドーなど商業施設も豊富なため、買い物に困ることはない街と言えます。
さらに、春日部はあの国民的アニメ『クレヨンしんちゃん』の舞台として一躍有名となり、日本だけでなく、外国人観光客からも知られるようになりました。

春日部の風俗店は、都内に比べるとそれほど多くありません。
お店は西口を中心に営業を行っており、ガールズバーやキャバクラが数店舗、箱型の風俗店はヘルス、ピンサロ、イメクラが目立ち、少なからずデリヘルの営業拠点もあります。

同じく東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)の停車駅である越谷駅。
隣駅には一日の平均乗降者数が13万人を超える新越谷駅があるため、越谷駅自体の利用者数がそこまで多いわけではありませんが、駅近くにあるショッピングモール “ファイン越谷” は住民から重宝されています。
また、2008年には街開きとして「エコ」をコンセプトに造られた “越谷レイクタウン” がグランドオープンし、以来観光客の数も年々増加してきたようです。

越谷の風俗店については、越谷駅を営業拠点としているデリヘルが多数ありますが、まだまだ西川口や大宮の店舗からの派遣も多いようです。また、越谷は人妻デリヘルや韓国デリヘルのお店も多く、東京でいう鶯谷や大塚と同じ雰囲気があるのも特徴と言えます。

最後は「おせんべい」の街として全国的に有名な草加駅。
東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)が走っており、今回ご紹介した3駅の中では最も利用者が多いとされています。そのため駅周辺にはマルイやイトーヨーカドー、西友といった商業施設やフィットネスジムなど、施設もとても充実しています。一方、駅を少し離れると、江戸時代の面影を残した町並みが広がっています。
そんな両極端な一面を持ったギャップが、この街が愛されている理由のひとつなのかもしれませんね。
草加駅には、いわゆる風俗街というものはありません。
メインは無店舗型のデリヘルになりますが、西口では性感エステやイメクラが少なからず営業を行っています。