ブランド化されている日本式風俗

カテゴリ:世界の風俗事情


日本人の仕事に向かう姿勢、サービスレベルは世界でもトップクラスと言われています。
海外では、契約の途中で仕事を投げ出してしまうケースや、入金後に連絡が取れなくなるケースが、日常茶飯事のように繰り返されています。

日本のトップクラスのサービスと言えば、高級ホテルや老舗レストランでの接客が代表的です。
また、電車やバスなどの交通機関についても、その時間への正確さが世界屈指と言われています。
近年では、日系の航空会社が世界で認められるサービスレベルとして表彰されたことも記憶に新しいですね。

日本のサービスを、もっと世界に広めていこうと奮闘している企業があります。

たとえば、日本の老舗旅館として有名「加賀屋」は、日本人なら誰でも知る老舗旅館です。加賀屋は現在、台湾の台北市に別館を構えています。台湾の加賀屋は、観光で台湾に訪れた日本人の他にも台湾の富裕層から絶大な人気を集めています。

また、うどんのチェーン店として有名な「丸亀製麺」は、「マルカメ・ウドン・ワイキキ」という支店をハワイにオープンしました。味はもちろんのこと、目の前でうどんが作られるという斬新さに惚れ込んだアメリカ人やアジア人により、昼夜を問わず長蛇の列が作られています。開店から3年が経とうとしている現在でも現地人を飽きさせないのは、お客さんを惹き付ける本物の魅力があるということなのでしょう。

本題が遅くなりましたが、海外に進出して成功を収めている業種のひとつが「風俗業」です。
海外で風俗店を経営するオーナーは、日本人だけではなく、日本式のサービスを学び、自国でお店をオープンされる現地の方もいらっしゃいます。ターゲットになる一番のお客さんは、現地に滞在している日本人や観光に来た日本人になりますが、その質の良さを認められ、現地のお客さんのリピート率も高いようです。

業種業界を問わず、世界中で日本のサービスが受け入れられているのは、ホントに嬉しいことですね!