風俗店の監視カメラの役割

カテゴリ:お仕事のアレコレ


街中には多くの場所に監視カメラが設置されています。
銀行、コンビニエンスストア、エレベーターなどに設置されているのはもちろんのこと、最近では街頭にも監視カメラが設置されています。この監視カメラが設置されていることで、事件の発生件数が少なくなることが知られています。これは海外でも広く知られている事実で、監視カメラは世界的に増え続けているのが現状です。

監視カメラは店舗型の風俗店にも設置されています。
お店の入り口から、サービスを行う個室の入り口までの経路に設置されているパターンが多いです。
サービスを行う個室の中に監視カメラを設置している店舗もあります。
初めて密室で出会う男女ですので、男性のお客様は何をしでかすかわかりません。
最近は、中国人のお客様が来店される場合もあります。
文化の食い違いで中国のお客様を怒らせてしまうこともあるでしょう。
それによって事件に発展してしまう場合もありますので、風俗嬢を守るという意味でも監視カメラの設置は重要と言えます。

そこで働いてる風俗嬢は、カメラが設置されている事を知ってるい方、知らない方がいるそうです。
お店の方から監視カメラが設置されていることを説明してもらえない場合が多いので、自分を守るためにも、面接時に監視カメラの有無を質問することをオススメします。
監視カメラが設置されるていることを嫌う女性もいらっしゃると思います。
面接時に、監視カメラが嫌な場合は、お店の方に一言お伝えすることをオススメします。

一方で、部屋以外のスペースでは監視カメラは必要になってくると思います。
強盗が入る可能性もありますし、サービスを受けたお客さんが料金を支払わず逃げてしまう可能性もあるからです。そのような事件を未然に防ぐため、あえて監視カメラがあることを見えるように設置している店舗も多いです。

風俗店は、お客様に満足していただいて、継続してご来店してもらうことが最重要です。
頻繁に通ってくれる常連客については、風俗店で働く男性スタッフ、サービスをする女性全員が、その顔を把握しておく必要があります。
サービスを提供する誰もがお得意様を把握できていれば、おもてなしの質も変わってくるはずです。