前借りの心構え

カテゴリ:風俗嬢のココだけの話


私は、専門学校に通うため上京してきました。
憧れの大都会での生活はとても新鮮で田舎での生活を忘れさせられるほどです。

都会で生活をして大変だったことは、お金のことでした。
家賃が高く、物価も高いため、仕送りだけではやっていけません。
飲食店などでのアルバイトも考えましたが、時給が安く、長く働く必要があるため、専門学校の勉強がついて行けなくなってしまいます。

そこで私が考えたのは、風俗店で働くことでした。
一言で風俗と言っても、ソープ、ピンサロ、マッサージなどがありますが、店舗型だと知り合いと出会いそうな印象があったため、デリヘルで働くことにしました。

デリヘルで働き始める前の私は、お金が底をつきそうになり、ご飯を食べるのも精一杯の状況でした。
そのため、求人サイトで「前借りができるお店」や「ボーナスがもらえるお店」を中心に検索して、自分に合いそうなお店を見つけました。

面接の時に、現在お金がなくて困っていることをお伝えした上で、求人サイトに書いてあった通り本当に前借りができるのか聞いてみました。
面接を担当して頂いたのは店長でした。店長は、なぜお金が必要でどのくらい必要なのかを聞いてくれました。私が事情をお話しすると、店長は理解してくださり、一度お仕事をした後でなら前借りをさせてもらえるということになりました。
もちろん、前借り分はきっちりとお仕事して返済しなければなりませんので、毎月どのくらいのペースで働けるのかも、その時にお伝えしました。

風俗で初めて働く女性は、私のようにお金が底を付きそうになり、仕方なく風俗に足を踏み入れる方もいると思います。
私がそうだったように、前借りという制度はまさに助け船になりすが、アナタのこれからの働きに期待し、お店は善意でお金を貸してくれているので、責任をもって返済するようにしてください。しっかりと毎月稼ぐ金額を決めて、計画的に返済するようにしてください。