風俗を合法とするマカオ

カテゴリ:世界の風俗事情


マカオ(澳門)は、中華人民共和国の特別行政区として、中国大陸南岸の珠江河口(珠江デルタ)に位置しています。1999年まではポルトガルの植民地とされていたこともあってか、街の至るところにポルトガル語の標識や歴史的建造物が残されており、中国にいながらも異国を感じさせる街並みとなっています。この歴史的建造物は、ユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録されています。

マカオには2つの島があります。その大きさは東京都港区よりも小さいため、簡単に島を一周することができ、どこへ行くにもそれほど時間がかかりません。
言語は「広東語」と「中国語」がメインになります。
マカオまでへは中国本土の珠海という地域から往来ができるほか、香港からフェリーで行くこともできます。また、マカオには空港もあるため、アジア近郊からの飛行機で訪れる観光客もたくさんいます。

なぜ、マカオが魅力的な観光地として名を馳せたのか、もうご存知の方も多いと思いますが、やはり一番の理由は「巨大カジノ」の存在です。
世界の富豪が、カジノを目的にやってくるマカオは、「東洋のラスベガス」と言われているほどです。
現在のカジノ収益は、なんとあのラスベガスを抜いて全世界1位とも言われています。
その他にも、カジノと併設した巨大有名ホテルやマカオタワー、ゴルフ場、世界的に有名なスターのショーなども行われているため、まさに眠る暇すらない街と言えます。

続いてマカオの風俗事情についてですが、現在、マカオ特別行政区は風俗業を合法としています。
一方で中国本土では風俗営業を違法としているため、マカオまで出稼ぎにくる子はたくさんいます。中国本土のみならず、東南アジアや韓国、台湾、日本、ロシアなど多国に渡って出稼ぎにきているようです。先程お話ししたように、マカオには世界各国から大富豪が集まるため、チップの金額も多く、風俗嬢にとってはやはり魅力的なのでしょう。

マカオの風俗店としては、桑拿(サウナ)が有名です。
マカオのカジノが入っているほとんどの建物がホテルとサウナをセットで営業をしているため、探すのはとても簡単です。カジノで勝って大金を手にしたお客さんが、サウナでお金を落としていくなんてことも珍しくないそうですよ。
その他にも日本と同様、キャバクラやデリヘル、ソープランド等のひと通りのジャンルがあり、それらの風俗店もまた、カジノと同様24時間365日営業をしているので、勤務時間が限られるという心配はなさそうですね(^_^)v