韓国の風俗産業

カテゴリ:世界の風俗事情


せっかくなので日本だけでなく、隣国であり、ここ日本でも急激な発展を見せている韓国の風俗事情についても少しお伝えしたいと思います。

上述の通り、韓国の風俗産業は今もなお発展し続けています。

しかし近年では、政府が風俗業の営業を禁止した事により、韓国国内での表向きの風俗業が減少傾向にあるんです。
そんな中、業種やサービスを変え、法律に引っかからないライン(いわゆる隙間産業)の営業は近年でも続いているようです。

以前は韓国の風俗店では、セックスが一番のサービスであり、その他のサービス(日本でいうピンサロや性感エステ)は、日の目を見ることはありませんでした。

それが今では、様々なサービスが流行しており、中にはキスのみの店舗もあったりするぐらいです。
こういったお店は、気軽にアルバイト感覚で仕事ができるということで特に学生から注目を集めています。これらのお店のコンセプトは「彼女とデート」という設定となっており、男性の欲求も時代と共に変化しているようです。

それと、韓国と言えば「アカスリ」も有名ですよね。
中には実際にエステティシャンの資格を持っている子もおり、在籍女性の年齢は幅広いと言われていますが、男性が求めるサービスはアカスリ後のサービス(ヌキ)なんです。。。

また、店舗型風俗店が減る一方、無店舗であるデリヘルは根強く存在しています。
韓国には日本と同じようなラブホテルが数多くあり、相場は2万円くらいだと聞いてます。

韓国では整形手術が文化だと言われるほど当たり前で、そのため韓国人は基本的に容姿が良いため、日本人や外国人から人気があるのは事実です。
それと少し前に、韓国の風俗店をまわる男性限定の「セックスツアー」なんていうのも流行っていましたが、当然いいイメージはなく、あっという間に世間に知れ渡ってしまったということもあり、政府が風俗業の営業を慌てて禁止したとも言われています。

とはいえ需要がある以上、韓国の風俗店がなくなるなんていうことはさすがにないと思いますが、店舗が激減したことにより大量の韓国人女性が職をなくし、路頭に迷ってしまいました。
これに目を付けたブローカーたちは、世界に風俗嬢を売り込む作戦に出ました。
成功を成し遂げてた現在、多くの国々で韓国の女の子たちが日々働いています。

世界に進出した韓国の女の子が思いのほか有名になってしまったこともあり、韓国の風俗業界全体やその子自身に圧力が掛かったなんてという話もあります。

彼女たちは美意識が高いため、自分の容姿に更に磨きをかけるために整形手術を繰り返します。
そのためにはお金が必要ですし、韓国の風俗店よりも海外の風店で働いた方が稼げるという事情を知っているので、女の子たちはみんな海を渡り、海外に生活拠点を移しているのです。

もちろんその拠点にここ日本も入っているので、当サイトにおいても職を求める声が後を絶えません。
彼女たちにとって仕事のモチベーションは夢や生活や物欲ではなく、あくまで “美” を追求することだけに全力投球なので、そこが私たち日本人と大きな違いなのかもしれませんね。