日本の風俗産業の市場と傾向

カテゴリ:風俗業界の豆知識


ここでは、日本の風俗産業がどう進化してきたかについて語りたいと思います。

昭和時代に売春防止法が制定されてから、日本での風俗営業が厳しくなりました。

その中でも存続をしていた地域を「赤線地域」と呼び、なかば公認で風俗営業をしていた地域があります。東京では「吉原」や「新宿2丁目」あたりが有名でしたね。

また、横浜の黄金町という地域も10年程前は赤線区域として営業していた事により、“男性の楽園” とまで言われていたそうです。

黄金町では、タイ人や中国人などの外国人が不法滞在をしながらお金を稼いでいた時期がありました。
しかし、時代に沿って条例が厳しくなるにつれ、今では廃れた街へと風変わりし始めています。

新しいサービスが生まれるたびに風営法が厳しくなっているような気もしますが、反対に風俗業界は時代と共に進化をしているという証だとも思います。

現在は風俗店の営業認可のハードルも高くなり、誰でも取得できるというわけではありません。
新しい風俗の業態として「性感マッサージ」や「ガールズバー」などが人気を集めています。

営業時間が厳しく定められている今、昔ほどの賑わいはなくなってしまったかもしれませんが、世の男性のニーズを捉えたサービスを追求し、各店が思考錯誤しながら運営を行っています。

特に、デリヘルの数は昔に比べて多くなってきましたね。
店舗を持っている風俗店は固定費が掛かりますが、デリヘルの場合は店舗を持たないことで、経費(要するに家賃ですね)が浮き、その分を広告費や人件費に回すことができます。

また、お店の一番の看板となるインターネットのホームページは今最も重要な集客ツールとなるため、
ユーザーが魅力を感じ、期待感を抱くデザインやコンテンツを掲載する必要があり、更新も頻繁に行われています。
これはデリヘルだけでなく、すべての風俗業界にも言えることですが、集客窓口を雑誌や新聞からインターネットに完全シフトする店舗が急増しており、みなさんホントに苦労されていると思います。
そのおかげと言うべきか、最近は見てて面白いサイトや参考になるサイトがたくさんあるので、とても勉強になります。

風俗で働く女性も三者三様で、本業と掛け持ちをしている方や彼氏や旦那に内緒で働いている方など、境遇は様々で、短期でまとまったお金を稼ぐ手段のひとつとなっているのが風俗業であり、仕事を求めて入店する女性が増えていると言えます。

男性に欲求がある以上、今後も風俗業界は更なる進化を遂げていくと思います。
また、規制が厳しくなればなるほど、誰も考えつかないようなユニークで大胆なサービスが生まれてくるのだと、少し期待もしております。