ソープの魅力

カテゴリ:風俗嬢のココだけの話


27歳、ソープランド勤務です。

私は今までデリヘルで働いていたのですが、なぜか「呼ばれて行く」という感覚が無性に嫌になり、ソープに転職しました。

私が働いたのはいわゆる高級店で、マットありのお店でした。
(マットなしのお店もあるみたいで・・・)

まず、お店の研修にビックリしました!
明らかのご年配のお婆様が接客の心得やプレイの手順などをたくさん教えてくれました。
ただ私は「なんでこの人が??」と疑問でいっぱいだったのですが、あとあと同僚に聞いたら、巷で有名な伝説のソープ嬢だったんです!
なんでも、お店側からの強い要望で新人さんの研修を任されているみたいです。

ソープランドでは、大体5人くらいのお客さんが入って私の1日は終わります。
休憩も入れて12時間弱かかります。

お客さんへの接客のレベルが下がらないよう、お店側もシフトを調整をしてくれたり、体調管理のコツや身体に良い食べ物など、いろいろ教えてくれます。

勤務体系はどちらかと言えば、個人事業主のようなものですね。
新人のころはまだ特定のお客さんがいないので、系列店に行ったりする場合もあります。
(ちなみに、ごく希にグラビアの仕事の話が来たりすることもあるらしいですよ!)

ソープランドもデリヘル同様、下は20代から上は60代まで幅広い年代のお客さんがいらっしゃるので、風俗歴の長い私でも、時折空いた時間を利用して雑誌や本を読んで日々勉強しています。
それ以外にも、「プレイ研修」という会がちょこちょこ開催されるので、そこでテクニックを勉強できます。

ご指名いただいたお客さんに満足してもらえるよう、みんなホントによく頑張ってます。。。
向上心がある女性は成長も早くお客さんもつきやすいですし、お店側からも優先的に紹介してもらえます。

これは紹介所に対しても同じことが言えます。
紹介所の男性スタッフと話をしに行ったり、積極的にコミュニケーションを取って紹介してもらいやすくする、まさに個人事業主ですね^^

一度味をしめたらもうデリヘルには戻れません。
これから先もどんなお客さんに会えるのか毎日が楽しみです!