風俗嬢が徹底すべきマナーについて

カテゴリ:お仕事のアレコレ


風俗で働く女の子は、日々お客様に満足して頂くために頑張っています。
また、運営者側もお客様を増やすためにホームページの更新や店舗の清掃、風俗嬢の教育などに日々尽力しています。

風俗嬢に関しては、ブログやSNSが復旧したことにより名指しでサービスの質が問われたりしたりもします。
良いサービス、良いお店については、ネットユーザーからの良いクチコミが多くなるため反響が反響を呼び、新規のお客様の来店率も高くなるのではないかと思います。

そこで今回は、これから風俗業界で働こうと思っている方やお店の売上げに貢献したいと思っている、自分のお客様をたくさん持ちたいと思っている方のために、風俗嬢としての最低限のマナーをお伝えしておきたいと思います。

① 言葉遣い
女の子に中は、お客様を選ばず友達のように話す方がいます。
場合によっては友達感覚のほうが話しやすい、話しが盛り上がるという方もいらっしゃいますが、そうでないお客様もいらっしゃいます。
実際、言葉遣いを気にされているお客様は多いですし、誤った言葉遣いひとつでお客様に悪い印象を与えてしまうかもしれません。
また、お客様がその言葉遣いに抵抗があったとしても、その場でそう言ってくれる方はほとんどいないでしょう。
お客様はあくまでお客様です。
相手の装いや立場、性格などを見極めて話すことも大事ではありますが、仲の良いリピーターのお客様以外には基本的には敬意を払った丁寧な言葉遣いするよう心掛けましょう。

② 臭い
次に大事なのは臭いです。タバコや食事の臭いをさせたまま接客をするのは大変失礼にあたります。
タバコを吸うことは悪い事ではありません。普通の職業よりも何倍も大変な風俗業界ではストレスでついついタバコの本数が増えてしまうことも十分理解できますが、接客直前にタバコを吸うと当然のことながら身体や服に臭いが残ってしまいます。
普段からタバコを吸っている人にはわからないぐらいの臭いでも、タバコを吸わないお客様は臭いに敏感のためすぐに気付きます。
もちろんタバコだけでなく、食後(特に臭いの強い料理を食べたあと)も注意が必要ですね。
お客様に不快感を与えないために、サービスの向上のひとつとして普段からエチケットを心掛けるようにしましょう。

③ 悪口、陰口は言わない
お客様と話しが弾んでいるとき、他のお客様や他の店舗に関する質問を受けることも出てくるかと思います。
しかし、いくら大事なお客様から聞かれたとしても、他のお客様の悪口や他の店舗、そのお店の女の子の悪口などは思っていても決して口には出さないようにしましょう。
その理由にひとつとして、悪口が絶えない子だと思われてしまうと、お客様自身もあとで言われてるんじゃないか?と思ってしまい、良いサービスをしたとしても満足してもらえない場合があります。
また、風俗業界は広いようで意外と狭いもので、良い意味でも悪い意味でもクチコミや評判はあっという間に広がってしまいますので、
くれぐれも注意するようにしましょう。