女性のインストラクターって?

カテゴリ:お仕事のアレコレ


初めての仕事は何をするにも覚える事がいっぱいで大変です。
マニュアルが多ければ覚えることも多くなり、慣れるまでが大変で自分が役に立っているかどうかさえわからなくなることもあり、みんなの足を引っ張ってるではないか?と思うこともあります。

そんな時、わからない事をなんでも聞ける先輩がいると心強いですよね?
時には厳しく指導される事もあるかもしれませんが、言われた事をしっかり守っていれば、とりあえずは職場環境に慣れてきます。

どの職業にも言える事かもしれませんが、リーダーとなる先輩や上司がしっかりしていなければ、職場環境は悪化する一方で、まとまりのない組織になってしまいます。
最近では、「リーダーの品格」というリーダーシップとは何かを教える本が多数出版されています。

もちろん、これは風俗業界においても同じ事が言えます。
特に風俗経験のない女の子は仕事を覚えるまではホントに大変だと思います。
お客様を満足させることが一番の目的ですが、その“満足”がサービス内容やお客さんによってそれぞれ違います。

そのため、女性インストラクター制度を設ける風俗店が増えてきています。
「ん?女性のインストラクター?」と首をかしげる方もいらっしゃるかと思いますが、これは初めて入店する女の子に対して、先輩の風俗嬢がインストラクター役になるということなんです。

初めて入店する女の子は、風俗の基礎が何かもわかりませんので、まずは基礎を教わります。
お客さんへの対応、身体の洗い方、男性の感じる場所への導き方などインストラクター特有のテクニックを伝授してくれます。
慣れるまでは大変かもしれません。何度やっても慣れないという女性もいるかも知れませんが、まずはインストラクターの教えに忠実に接客してみることをオススメします。

1ヶ月もすればお客さんの喜ぶサービスやテクニックがわかってくると思います。
それからは、自分にしかないサービス、テクニックを磨く事が重要になります。
なぜなら、それが固定客を獲得する一番の方法だからです。

インストラクター級の先輩の中には、固定客の心を掴んできた自分にしかできサービスを持っているという人が多いです。
もちろん人気のある女性は容姿が良いから場合もありますが、自分にしかないテクニックを持つ事は固定客を獲得する
ための最も重要な手法であることは間違いありません。

ひとえにテクニックといっても、プレイがすべてという訳ではありません。
プレイの合間のなにげない会話や気遣いもテクニックのひとつです。
男性はプレイよりも、そういった普段のさりげない行動に惹かれることも多いのです。

はじめは、わからない事があればインストラクターである先輩に何でも質問し、思いっきり甘えていいと思います。
テクニック面もそうですが、悩みや不安、ストレスなどのメンタル面でも力になってくれるでしょう。
それが、風俗業で長く働くための秘訣になりますし、リーダーに好かれる事も仕事の上で重要なポイントとなります。