風営法って?

カテゴリ:風俗業界の豆知識


そもそも風営法とは何かを疑問に持たれている方は多いと思います。
風俗店を営業するための法律でしょ?と理解されている方もいらっしゃるかと思いますが、ここではその風営法についてもっと詳しく解説していきたいと思います。

まず、風営法とは、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の略称になります。
では、風俗営業とは何なのか。
多くの方はファッションヘルスやソープランドを思い浮かべるかと思いますが、実は営業形態は「性風俗特殊営業」といって、風俗営業とは全く区別されているものなんです。

風俗営業には1号営業から8号営業まで存在します。

〇1号営業
キャバレー等、設備を設けてお客さんにダンスをさせて、お客さんの接待をして飲食をさせる営業

〇2号営業
待合、料理店、カフェー等、設備を設けてお客さんに接待をしてお客さんに遊興又は飲食をさせる営業

〇3号営業
ナイトクラブ、ディスコ等設備を設けてお客さんにダンスをさせ、かつ、お客さんに飲食をさせる営業。お客さんの接待はできません。

〇4号営業
ダンスホール等、設備を設けてお客さんにダンスをさせる営業。お客さんに接待はできません。

〇5号営業
客席における照度を10ルクス以下として、喫茶店、バー等、設備を設けてお客さんに飲食をさせる営業。お客さんの接待はできません。

〇6号営業
他から見通すことが困難で、広さが5㎡以下の客席を設けて喫茶店、バー等、設備を設けてお客さんに飲食をさせる営業。お客さんの接待はできません。

〇7号営業
麻雀屋、パチンコ屋等、設備を設けてお客さんに射幸心をそそる恐れのある遊技をさせる営業。

〇8号営業
ゲームセンター、ゲーム喫茶等、スロットマシンやテレビゲーム 機、その他遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそる恐れのある遊技に用いることが出来るものを備える店舗。その他これに類する区画された施設において当該遊技設備により客に遊技させる営業。

風俗店を営む場合は風俗営業許可を取得し、上記の8つの項目に沿って運営を行わなければいけません。しかし、中には風俗営業許可を得ずに営業している店舗があるのも事実です。

もちろん、当サイトでは風俗営業許可を取得した優良店舗様のみを厳選して掲載しておりますが、念のため店舗の公式サイトに「風俗特殊営業届出済み」という記載があるか確認しておくことをオススメします。