お客さんを好きになってしまったら?

カテゴリ:先輩からのアドバイス


「お客さんを好きになっちゃった…」
まぁ、男と女ですから、そういう報告はたくさんあります。
最初はお客さんだったのに、いつしか恋人関係になり、結婚までした人も私は見てきました。
絶対にお客さんを好きになってはいけないという気持ちが、余計に恋心に火を付けてしまうのかもしれませんね(*^^*)

お店によっては店外での接触を固く禁止にしているところもあるので、こういった恋愛感情が芽生えたときこそ細心の注意を払うことが必要です。

お店から出てしまえば、「姫」と「お客さん」という関係ではなくなり、「女」と「男」の関係になります。「好きになるな!」という話ではなく、本気で好きになったら気を付けなくてはならないことがあります。それは、相手に「接客」だと思われないことです(〃゚д゚〃)

こういう仕事ですから、お客さんの多くは、
「どうせ疑似恋愛だし…」
「自分を本気で好きになってくれるハズがない」
「こんなに優しくしてくれるのは営業だからでしょ」
と思っている方がほとんどだからです(-ω-`;。)

ですので、仕事とプライベートをいきなり切り替えるのは難しいかもしれませんが、もし本気で相手を好きになったのなら、営業とは違う言葉や態度で相手に接してあげることが重要なのです!
はじめのころは多少の駆け引きになるかもしれませんが、そんな駆け引きを楽しみつつ最終的にいい結果につながればそれでいいんです☆(-∀・*)

とはいえ、その逆のパターンもありますので気を付けましょう!
アナタの言動で、お客さんが勘違いをして本気で好きになってしまうことも少なくありません。
優しく接するのはとてもいいことですが、そういう場合には上手くかわせるようにしておいてくださいね!

この手の話はよくあることなので、大抵の対処法はお店の先輩たちが教えてくれると思います。
ひとりで悩んで仕事に支障が出てしまってはよくないので、積極的に相談してみましょう(^^)